Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

山東菜の干しエビスープあんかけ

優しいお味の青菜の山東菜、カニあんなどをかけたらよかろう、と思うも蟹缶はなく、なので、干しエビでスープをとって、お味を顆粒鶏ガラスープで補って、作りおいてあった山東菜を茹でたものを入れて温めたら、山東菜は器に移し、残ったスープには水溶き片…

牛さんのアジア風サラダ 多分

薄切り牛さんは、茹であげて水気を拭いて、あったかいうちに、スリラチャーチリソース(市販品。ニンニクとチリ系の赤いソース)とライム汁(レモンでも)、シロップ(砂糖でも)、醤油、ナンプラーを混ぜたソースで下味をつけておく。しっかり目に味付け。…

金時草 ゼリー寄せ

鶏さんの手羽先などでスープをとって、身はほぐして戻し入れ、塩で味調整し、茎から外して刻んだ金時草を入れ、容器に入れて冷蔵庫放置すると固まる。 すくって器に入れ、ミルク(牛さんでも豆さんでも)とマスタード、ほんの少しのマヨネーズを混ぜたものを…

ルッコラのオイル煮

自家栽培の露地もの、風味もテクスチャーもしっかりしたもさもさルッコラがやってくる季節になり。葉っぱの柔らかい部分はサラダに混ぜると苦味のアクセントが美味しいけれど、加熱しても風味がしっかりしていて美味しい。 洗ってざくギリして、水分のついた…

里芋とお揚げさん炊いたん

みりんと酒を煮切っておいて、だし(はめんどかったので、水とだしパックの中の粉末少し)を入れて、里芋さんを煮る。みりんの甘みで足りなかったら、好みの甘み(砂糖でもシロップでも)を少し加え、しばらくしたら、厚揚げさんも入れて煮て、塩、醤油して…

ゆで花ニラと醤油焼き舞茸合わせたん カボス風味

タイトルのまま。ゆでた花ニラ(作り置き)。なぜか2パックももらってしまった舞茸を焼き付けて、おかか粉と醤油で濃いめに味付けたもの(作り置き)。合わせて、いただく時にカボス汁。一緒に生から炒め合わせたりするより、優しい丁寧味になるのね。ふー…

ししゃもさんはバタ焼き

L そのままグリルであっさり焼くのもいいのだが、ししゃもさんはなぜかバタ焼きしたくなる。ししゃもさんにはどっかにサーモン系のベクトルが入ってる。ついでにパンにのせちゃったりもしたくなる。 カンパーニュ系の薄切りパンで、酢漬け玉ねぎにシブースト…

金時草とラムさん炒め ピーナッツバタ風味

もう終わりと思っていた金時草がやってきた。もうしばらく楽しめるらしい。金時草、酸味以外にも、丸いお味と合わせるといいことがわかってきたので、 金時草とラムさん マヨネーズで炒めたん - Fuji to Higanzakura 金時草と第2蜜月(4) ちくわさんとマ…

レバ納豆炒め黒すりごまたっぷり

レバーさんは、大きめに切って冷水で3回くらい洗って血の塊を出して、炒めて、納豆入れて、甘み加え(今回は黒ニンニクとシロップ。はちみつなどでも)、醤油と、黒酢。黒すりゴマたっぷり。香菜の茎も刻んで入れちゃう。香菜の葉っぱトッピング。 スヌ子さ…

芋羊羹 バタで焼いたん

不器用さんは、お箸で返した時のえぐれた痕を残してしまったりする。 和菓子やさんの芋羊羹、バタ焼きすると美味しいらしいよ、と、ウエブ上のどこぞで見たらしい家人にそそのかされる。はあ。。。バタと芋風味が際立って、スイートポテトに近くなるけれど、…

カレーストック にトッピング式 イチジクとカシューナッツ

牛さんではありませんでイチジク。 シャビーなカレーも好きだけど、気分はできればトロトロカレー、でも頑丈くない消化器もちは、外食じゃなくてお家ご飯なのに、お腹にもたれるとなっては悲しい、というところをぐるぐるしていたが、最近、小麦粉なしの瓶詰…

ほぼ花ニラばっかりパスタ

花ニラさん、形状は細長いし、茹でたらテクスチャーもスパゲティよね。ならばパスタの半分以上を花ニラに置き換えてしまへ。というわけで、塩したたっぷりお湯でパスタと花ニラを共に茹で、隣のコンロで、潰しニンニクにはオイルでグジュグジュ言ってもらっ…

ピーマンに黒と白のチョコのせて焼いたん

ハラペーニョ系はチョコと合う説を密かにずっと抱えていて、ピーマンはきっとチョコと合うから、そのうちピーマンのクーリーを作って混ぜ込んだチョコムースでも作りたいと思っていたのだが。本日突然、めんどくさがり気質が弾け、そのままのせてグリルで焼…

ルッコラとオイルサーディン炒め合わせたん

自家栽培ものの力強いルッコラが来た。にがにが系の緑の葉っぱはベーコンと合うけど、青魚系とも合う。だから、実はアジの干物焼いたのなんかともアイマスが、本日は、オイルサーディンと合わせたい。ルッコラを生でいく気分ではなかったので、軽く炒め合わ…

イチジクと鳥さんとルッコラサラダ

果物は好きなものなんでもいんじゃないかと思う。チキンなら懐深いし。チキンじゃなくて、ホタテとか魚介な場合は、柑橘系とかキウイかな、とは思うけど。 果物を使う場合は、ホワイトバルサミコ酢が良いけれど、なかったらそこにある柑橘汁。 チキンは最近…

金時草とラムさん マヨネーズで炒めたん

おそらくもうこれで今年はおしまいの金時草が来た。金時草はマヨネーズと合うことは経験済みなので 金時草と第2蜜月(4) ちくわさんとマヨネーズ和え - Fuji to Higanzakura、マヨネーズ味の炒め物に。豚さんがあれば豚さんだったかもだけどあったのはラ…

きのこ花にらキムチ炒め カボス風味

残り物のえのきさんと舞茸さんを使いたい。でも本日の気分としては、きのこの旨味は少し重たい。えのきさんなら明太子の辛味と合わせたりしたらいただきやすそうと思ったが、明太子はなかったので、キムチと合わせることにする。 きのこ類を切って、テフロン…

プチトマトと生ハム入りスクランブルエッグ 

トマトさんは、少し輪郭が緩むくらいに炒めて、塩して溶いた卵液を入れ、上から、生ハムちぎったものパラパラして、グズグズふわふわっと崩しておしまい。

山東菜煮浸し

季節、採れ始めの山東菜が来た。 お出汁に少しのみりん。醤油。山東菜とお揚げさん。 山東菜は煮浸し。 煮浸しには山東菜。 富士には月見草。 あれ?

人参しりしり 異国風

基本的にはとんがったお店は近所にはないのだけれど、実はエルサルバドルの方がお料理作ってて、微妙に風味が楽しいよ、と食いしんぼ友人さんに誘われて行ったお店、メインはメインで楽しんだが、付け合わせに付いてきたキャベツと人参の浅漬け風サラダ、な…

銀杏チーズ焼き

オイル漬け瓶詰め銀杏消費週間。楊枝に銀杏さして、チーズのせてグリル焼き。スキレットにそのままバラバラにのせてもいいのだけど、串刺しするとテンション上がるのはなぜ。

じゃがタコキムチ焼き

じゃがとタコとキムチの鉄板組み合わせはケンタローさんに教わった。オリジナルはもっと凝ったことしてたと思うけど。 ジャガさんは乱切りにしてラップしてレンジでチンして柔らかくし、キムチとタコ、ごま油少し加え混ぜ、スキレットに入れて、アルミホイル…

ピーマン炒め しらす&ねぎ酢醤油オイルがけ

タイトルのままです。 年齢を推測されたくないけど、私が小い頃、綺麗な料理写真の料理本や雑誌は少なかったのございます。小遣いで、主婦の友社から出ていた、カラー写真の多い小型のお菓子本を大事に集めておりました。そして、オレンジページという雑誌が…

生ハムオムレツ

実は生ハムでハムエッグという冒涜クッキングも私は好きなのですが。 生ハムエッグ - Fuji to Higanzakura 家人から、生ハムの脂が卵に回るのは自分も大変に好きだが、生ハムがカリカリになるのは嘆かわしく、フライパン面に直接ハムがついて焼かれることな…

花にら銀杏ピータン炒め

青菜とピータン、炒め合わせると美味しい。中華屋さんで頂いた時は、さらに塩卵?(ゆで卵を塩水につけて発酵させたものらしい)も入っていた。塩卵入りというのもプロっぽくて感激したが、家でやるなら青菜とピータンだけでもいける。いけるが見目がよくな…

鮭と銀杏の炊き込みご飯

いただきものの銀杏のオイル漬け瓶詰め。大事にとっておいて使わないうちにもはや秋が来て、新銀杏がきっとどこぞから来てしまうということで急いで使う。銀杏だけのシンプルご飯も良さそうだけど、それは新銀杏がまたどこぞから来た時の楽しみにして、サケ…

ナスのトマトソース チーズ焼き

タイトルのまま。ナスは斜め薄切りにして、塩とオリーブオイルをまぶしてスキレットに並べ、トマトソースをかけて、チーズを散らして焼く。肴度をあげるポイントは、臭いチーズを使うこと。本日はいただきもののチーズの粕漬けがあったので。チーズの粕漬け…

ぶどうのアールグレイ浸し

いただきもののぶどうさん。一粒一粒が宝石のごとく甘いのを堪能。甘みが強く量をいただくには、どうやら季節の変わり目モードの胃腸さんにしんどいので、楽しんだあとは、紅茶に浸して甘さに緩んでもらう作戦。最近、甘いものの重さをいただきやすくするに…

高野湯豆腐

高野豆腐をよくもらう。溜まる。 高野豆腐の箱の説明書きなどに、ちゃんと味付けした汁で煮てくださいとある。水だけで煮ると煮崩れるよ、と。逆手にとってしまう。教えてくれたのは庄司いずみさん。沸騰させずにゆっくり煮ると、形は保ったまま比較的トロト…

ゴーヤとミョウガのぶどう和え

ゴーヤさんは今年は多分これが最後。自分は野菜のえぐみも割と美味しいと思う方なので、サラダ風の和え物は、ゆでたりせず、下手すると塩もみ水切りもせず、生のまま使って時間放置技に任せてしまうことも多いが、季節の変わり目、多分胃腸お疲れ気味の時は…