読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

デーツの赤ワイン煮 アールグレイ風味 デザート仕様

f:id:higanzakura109:20170313212940j:plain

皮の柔らかいふっくらデーツデーツのバターサンド 心はマーガリンあんぱん - Fuji to Higanzakuraが手に入ったら、赤ワイン煮も外せない。

ほんとはシナモンスティックとかクローブとかのスパイスを使うのだろうが、その手のスパイスが強く効いているのが苦手なので、スパイス代わりにアールグレイ。そしてデーツの場合は、ビールではなく赤ワイン。干しイチジクと干し柿のビールコンポート アールグレイ風味 - Fuji to Higanzakura

デーツは縦に切り目を入れ種を抜いて粒アーモンドを詰める。鍋にデーツを並べひたひたくらいの赤ワインと紙パックに入れたア−ルグレイと柑橘の皮(今回は文旦の皮の黄色い部分をくるっと2回り分剥いたもの)を入れて落としぶたをして、デーツがこっぷり赤ワインを含んでほにゃらと柔らかくなるまで煮る。ええ、家中とんでもなくいい香り。

火をとめて蓋したままあら熱がとれるまで放置。実などを取り出し、汁にクレームドカシスを加え(なくっても)、とろっとなるまで煮詰めてソースにする。

サワークリーム好きなので写真はサワークリームだが、マスカルポーネなどお好みで。ちょっとした粉もの(マドレーヌでもなんでも)を添えれば、デザート仕様。熱くなく冷たくなく、甘やかされている感じのぬるめがよろし。

よしながふみさんのなんかのマンガに、「なぜ女子は美味しいものを食べると手足をジタバタさせるのか」というシーンがあったように思うが、これをいただくと思い出す。