読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

水っぽいかぼちゃは小豆が救う

f:id:higanzakura109:20161025231630j:plain

日本のかぼちゃはぽくぽくで甘い。Hokkaidoという名で売られていたりする明らかに日本種のかぼちゃに見えるのに味が薄く水っぽかったかぼちゃ。基本的には、かぼちゃはポタージュくらいにしかしないからそれでいいようだが、フランスの料理ブログを見まくっていた時期に、ポタージュにするにしても、味が濃くなるからまずホイルでゆるく包んでオーブンで丸焼きにすべし、と薦めている方がいて、なんだやっぱり水っぽいと感じている人はいるんじゃないか、と思った次第。以来、かぼちゃは丸焼きにしていた。煮物風で食べたいときは、そこから適当に切る。それでも食感が水っぽいので小豆のたいたものと合わせ、砂糖だと甘さが短時間では馴染まないから米あめシロップ(こういうのはなぜかスーパーで買えた不思議)と少しの水を入れて火にかけ一混ぜして置いておく。ぽくぽく感は小豆が補ってくれる。

小豆を煮るのは炊飯器が便利。水を入れて玄米モードなり2度炊きなりで水がなくなるまで炊飯器でたく。小豆をゆでるときのように水をとりかえなくても、あくがえぐみにならずに旨味になる不思議。ゆるベジのアナきちさんブログで知ったという記憶になっている。多めに炊いて冷凍可。

今は小豆も市販の水煮真空パック。かぼちゃも焼いていません。楽。