読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、もしかしたら、心理臨床

ターサイと厚揚げの塩辛炒め

料理簡易記録

f:id:higanzakura109:20170324205003j:plain

塩辛。けっこう炒めものの調味料にもしてしまう。

ターサイが足りなかったのでブロッコリも入れたが、食感に変化ついてよかったみたい。ブロッコリを先に炒め、少しの水も入れて蓋して蒸す。厚揚げ投入。(1枚丸々を焼いてそのまま醤油でいただいたときに、半分を残しておいたもの。一度焼いておくと締まって、こういうのにはいい気がするが、なかったらわざわざそのためには焼かずに、生で入れてると思う。)塩辛は、めんどくさくなければ小さな器に入れてキッチン鋏の先を入れ物に突っ込んで適当に切っておく。塩辛はそのままだと具にまわりにくいので酒で緩めておいて、鍋にまわし入れる。ターサイ投入。強火で鍋をあおる。塩気の調整で醤油など。この後、千切り酢漬けショウガとかねぎ油とか香味系の常備品を入れているが、多分なくってもやってる。その場合は、塩辛を溶くのを酒でなく泡盛とか焼酎にしたり、最後に緑タバスコ1dashとかやってそう。

塩辛炒め、お肉さんより、厚揚げさんがあいしょよし。