読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

新小松菜おひたし 関東風

f:id:higanzakura109:20170118130151j:plain

くださる方が、小松菜じゃなくて新小松菜って言うのだもの。「新」小松菜らしい。茎部分がやたら立派。「ゆがくとすごく柔らかくなるからね」と言われたが、ほんとにそうだった。関東風はおだしではなく生醤油。ゆがいたものに上から醤油をかけていたけれど、湯搔いてしぼった菜っ葉の束を切った断面を下にして、醤油(からしを溶いても)を落とした皿に立てて、下の断面から醤油を吸わせるということを覚えてから、醤油きつさが直接的でなく、いただきやすい気がして、おひたし頻度があがった気がする。ともかくも、冬の小松菜はおひたし。いや新小松菜だったっけ。新小松菜もおひたし