読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

いわしさん梅煮

f:id:higanzakura109:20170414213843j:plain

写真をあげるのをためらっていた魚料理の類。昨日ごろんと一度あげてしまえば開きなおり。

めんどくさがり不器用さんは、スーパーの優しい鮮魚コーナーさんとか、優しい魚屋さんでいわしさんのはらわたと頭はとってもらう。鮮度良さそうなきれいなやつならもうそのままでもいいとは思うのだけれど、自分はどうしてもまず塩をふってしまうのだった。腹には多めに。腹を下にしてバットの網の上に30分以上おいてドリップを出す。腹を上にして並べかえ、腹の中目指して熱湯をかける。冷水で血身やら黒い腹膜やらをとる。

鍋にこぶを敷いて、いわしを並べ、そのときの気分で酒とか焼酎とか。それから水をひたひたまで。みりん少しと梅干し。千切り酢漬けしょうがのお酢少し(普通にお酢でも)。キッチンペーパーで落としぶたして煮立ったら弱火にしてゆらゆらを数分キープさせて、火を落としたらしばらくほっておく。ぬるめと熱めの間くらいになったら食べ頃。