読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

お生麩の揚げ出し風

f:id:higanzakura109:20170320222414j:plain

家人が京都からお土産に生麩を持って帰ってきた。まずは生をわさび醤油でいただくべしとのことで、自ら切ってくれる。美味しくいただく。

日にちが経ったらグリルなどで加熱してください、だそうな。

少し日が経ってしまった生麩。適当に切って、醤油と油をまわして、片栗粉をまぶし、キッチンホイルの上に並べてグリルで焼く。鶏もも肉なんかだと、粉をまぶしてグリル焼きのやり方で内からジュワジュワ脂を出して自ら唐揚げ風になってくれたりもするけれど、生麩は油をまぶしただけではそうはならず、美味しそうな焦げ目はつくけれど粉は吹いたままだが気にしない。焼くとお餅みたいに膨らむのがちょっと楽しい。

みりんなども少し入った甘みのある醤油味のお出汁(今回は出汁醤油とお水)を鍋で温め片栗粉でとろみをつける。

焼いた生麩の上からお出汁のあんをかけ大根おろしに千切り酢漬けしょうが。七味。(写真はおかず的に欲張って青菜のゆがいたものを下に敷いているが、お生麩の揚げ出し風とうれしくなるには、なくても十分。)