読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

心理臨床ベースに少しずつ

露地物ルッコラの混ぜご飯再び

料理簡易記録

f:id:higanzakura109:20170318222614j:plain

露地物の冬ルッコラとオイルサーディンとの組み合わせはルッコラとオイルサーディンの混ぜごはん - Fuji to Higanzakura、わあプロだなぁと幸せにさせてもらったけれど、そんな完成度の高いレシピで、苦くて甘くてもさもさしている寒中ルッコラの素敵さを感じとらせてもらう経験をすると、自分の体調とそこにあるものとで、ルッコラに合いそうな違うものと組み合わせても幸せになれる不思議。

お米量にあわせた水加減(酒と醤油分を差し引く)、酒と醤油と塩麹で煮たトマトを入れてご飯を炊く。炊けたら、細かく刻んだ大量ルッコラとしらすを入れて蒸らす。とにかくルッコラがメインの具という軸がぶれなければ、もう他はなんでも幸せになれそう。なんなら多分ルッコラと少しのかつお節でも。

でも冬ルッコラももう終わり。