読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、もしかしたら、心理臨床

干し芋でティラミス

f:id:higanzakura109:20170218150808j:plain

土台部分は王道フィンガービスケットでもいいし、カステラのたち落としなんかでもいい。型の底にあわせてつめる。今回は、マドレーヌやらの焼き菓子を沢山いただいたのでそれらで。チョコ味やら、柑橘ピール入りやら味が色々でも気にしない。不器用さんなりに立体パズル。

f:id:higanzakura109:20170218151035j:plain

土台にはコーヒーをたっぷりしみ込ませる。

干し芋は細かく切って好みのヨーグルト(牛でも豆でも)とまぜる。少し華やか系にしたい場合の風味漬けはお好みで。(今回、ウィスキーとレモン皮とレモンなどの柑橘汁とメープルシロップ。お芋さんにはこの組み合わせが好きなので。

焼き芋メープルウィスキーをチン - Fuji to Higanzakura)お芋さんヨグルトをケーキ地の上にのせて平にならし冷蔵庫で一晩くらい放置すると、干し芋がもどって、しっかりしたモンブラン風チーズクリームみたいなことになっている。脂肪分高めのギリシアヨグルトなどを使えばかなりクリームチーズ。上からココアをかける。