読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

心理臨床ベースに少しずつ

トマトポタージュでポテトグラタン

料理簡易記録

f:id:higanzakura109:20170210181504j:plain

以前いただいたトマトポタージュ。トマトポタージュ鍋 - Fuji to Higanzakura とろみがしっかりついているタイプだったのでグラタンのベシャメル代わりにもなりそうなので。こくをつけるために、トマトポタージュには卵黄(卵白はビンに入れて冷凍)とマヨネーズとマスタードを入れて混ぜる。スキレットなどに、お湯にナンプラーを少し入れたものなりを薄くはって、薄切りにしたジャガイモを入れて火を通す。他の具もお好みで。味がぼんやりするのは寂しい気がしたので、今回、豚さん薄切りの刻んだものと刻みキムチ。ちょっとグラタンぽくはない具だけれど。上からソースをかけてグリルで焼く。

チーズも入ってないしベシャメルよりあっさり。とりわけるときに間からぶわっと湯気があがるとグラタン的テンションがあがる。ソースで蒸し焼きされた炭水化物にも。今回はじゃがいもさんだけれど、フィデウア(パスタパエリア)式でそのままパスタを煮ちゃってもいいわけだ。