読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

焼き里芋 または 焼き菊芋

f:id:higanzakura109:20161114210655j:plain

たわしでこすり粗いした里芋を水がついたままホイルで包んで竹串などがすっと通るようになるまでグリルまたはオーブン(200度くらい)で焼く。(オリーブオイルと塩を皮にすりこんでおくととさらにねっとりする気もするが、ちょっと手間なのでやったりやらなかったり。)あついうちに指に水をつけながら皮をむく。ねっとり系のおいしい里芋が手に入ったらこの食べ方がお気に入り。好みの調味料で。今回は、七味、塩、えごま油。

同じやり方で、菊芋(トピナンブール)でも。里芋よりも菊芋の方が手に入りやすい場所もある。ちょっと食感が独特だけれど、日本食欲求に応えてくれた食材。菊芋の場合は、灰汁の土ミルク臭?もあるので少しレモン汁をふっても(蒸し焼きすると旨味に変わってあまり気にならなくなるが。)新しくてパキパキしている状態のものなら甘くて美味しい。菊芋・キクイモ・きくいも:旬の野菜百科

 

f:id:higanzakura109:20161125105048j:plain

 après la neige