読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

心理臨床ベースに少しずつ

伊豆の長八美術館①

Higanzakura視点

 家人にひきずられて、伊豆の長八美術館に行く。なんでもかなり以前、テレビドキュメンタリーで、この美術館を設計した有名な設計士さんと、全国から集まった腕利きの左官職人さんとでこの美術館を作っているときの、ガチなぶつかりっぷりが放映されていて、以来印象に残っていて来たかったのだとか。

 フランスのロレーヌ地方の中心地メスにある、現代美術館分館http://artscape.jp/mmm/contents/c_00132.htmlにも引きずられて行ったことがあるが、それについても、施行を引き受けた現地の工務店職人さんら(現地ゼネコンというべきか)は、設計図を自分たちの技術でやれる形に改変してつくっていってしまうので、その建物を設計したやはり有名な日本人設計士さんは、現場を見ては「設計図のようにやってください」という交渉の闘いをひたすらしながら作り上げたんだ、とかいう家人の蘊蓄つきだったから、世の中ではそういうことがわりと多いのか、家人の脳が好みとしてそういうエピソードを拾ってくるのか。

 建物外観全体を見て何か特別なことを感じられる感性が私にはないが(建築物音痴。実物を見た後で写真を見ても再認できない)、長八美術館の館内で、階段を上っているときにふと脇を見上げるように視線をあげたら、階段脇の真っ白な漆喰壁の中から、やや肉厚なステンレス板が刃物のように長く斜めにずずーっと続いて生えており、自分の感覚が、その金属刃の斜め上に伸びる動きと、真っ白漆喰壁からにょっと生え出している動きという二方向の動きになって一瞬感覚がうにょんとなった。見ている物自体にエネルギーは感じるけれど、「階段の手すり」という「意味」が抜け落ちた世界に入っていたらしいと気づいた瞬間に、家人から聞いていたエピソードとリンクして、うひゃひゃと笑いがこみ上げる。連れがいると、相手に理解不能でも、こういう時「今ね、こんなんでね」と話せるから、見かけ上怪しい人にならずにすんで便利。

 我にかえれば普通の階段手すり。その手すりを巡って、設計士さんと左官職人さんとでなにか攻防があったろうとも思えない普通の。どちらかというとおそらく1階で長八作品を少し見た後だったからと考えるのが妥当だろう。建物については特に感性のヒダがツルツルなのだが、ツルツルなりに建物と長八作品とが自分なりに共鳴したらしい体験、ということにする。

 帰ってきてから、長八さんの鏝絵(こてえ)が気になってネット探索していてこちらのブログに出逢う。http://makimino.jugem.jp/?month=201304写真も豊富で解説も丁寧でとてもとてもうれしい。4月20日、21日あたりが長八美術館について。左官職人さんと建築士さんとのいきさつものっていた。

f:id:higanzakura109:20161014162707j:plain

 伊豆の海

 

同記事まとめて①〜⑦

伊豆の長八美術館 記事まとめ①〜⑦ - Fuji to Higanzakura