読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

心理臨床ベースに少しずつ

プルーンとチーズの

つくる、ときどき、トラヴィアータ

焼き餃子。

というタイトルにする勇気はなく。いや、その通りといえばその通りなんだけども。

「プルーンとチーズのフィンガーフードパイ」ということで。

f:id:higanzakura109:20161006223944j:plain

フランスのアルザス•ロレーヌ地方及びその周辺地域で夏の終わりに出回る果物、クエッチ。プルーンと形がよく似ていて、それよりも小振り。プラムの仲間。タルトにするのが大王道。その時期のパティスリーは、クエッチタルト祭り状態で大量のクエッチタルトが並ぶ。生よりそのように加熱して食べるのがおいしい。

プルーンとゴーダチーズを頂く。

プルーンを眺めながらそんなクエッチを思い出す。ちなみにプルーンも生より加熱した方が好きだ。

プルーンを櫛形に切って過熱時の液どめに片栗粉をまぶす。餃子の皮にプルーンとチーズをのせ、指でつまみやすくなるように餃子の皮の端をたてて、グリルで焼く。もちろんオーブンでも。焦げ防止に上にホイル。途中でホイルをとって焼き目をつける。

食前酒とともに、「シュクレサレ(甘じょっぱい)系おしゃれ味だわ」テンションも少しあげてつまむ。食前酒という感じでもないときにすると、おかずでもないデザートでもないになって、ちょっと迷子。迷子でも焼きプルーンとチーズだ、腐っても鯛的力技。