Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

春菊サラダ

春菊さん、サラダにするのもお気に入り。果物と合わせるのがおすすめ。柑橘汁は使うといい気がするけれど、果物自体は柿でも柑橘でも結構なんでもあう。肉っけも合わせるならサラダチキンなどでもお好みで。お魚さんも、シーチキンはもとより、干物を焼いて…

レバー納豆丼

レバー納豆炒め黒ごま和え。よく作りおく。レバーは最初は大きめカット。蝶の羽の対みたいなレバーさん、真ん中の繋がってるところで切って、血管を断ち切るようにもう一度それぞれ横にカットして4分割。冷水で3回くらい洗って、塊で出てきた血を取り除い…

ターサイとピータン炒め

豆腐はキッチンペーパーに包んで、上に平の皿などの重しをのせてレンジで温めて水切り。適当に切って、油で焼き付ける。そこに、千切り生姜も入れて、香りを出して、切ったピータン、茹でターサイ(作り置き)切ったものを入れて炒め合わせる。別鍋に、粉末…

人参ポタージュ

人参ポタージュ、よくアップしているので、変わりばえはしないけれど。プチトマト、玉ねぎ、じゃがいも、人参。玉ねぎ、じゃがいもなどは、人参味を邪魔しなさそうな感じのものでそこにある半端ものなど。適当に切って、塩麹をまぶし、野菜類はこの順で下か…

緑プチトマト塩麹漬け

プチトマトの株を処分するときに沢山出る青いうらなりさんプチトマト。自家栽培の野菜をよくくださる方が、そんなときに、私が緑トマトの風味好きなのを知っていて、そんなうらなりさんをくださる。でも、プチトマトのうらなりさんの緑トマトは生はもとより…

コールラビ、果物と合わせたん

コールラビは千切り。キウイとりんごも細めに切って、オリーブオイル少しをなじませ、塩とレモン汁。以上。上からピンクペッパー。好みでミントなども。 コールラビは癖がないので何と合わせても。葉物なしの果物入りサラダは、冬の、部屋はあったかくしてる…

焼きカリフラワーのカレー風味マリネ

ベーコンをフライパンでカリカリにして、カレー粉を加え炒めて火を止め、玉ねぎのみじん切りも入れて混ぜておく。カリフラワーは花房を食べやすく分けたら、塩とオイルを軽くまぶしてグリルで焼く。焼きたてを先のフライパンに入れて、熱いうちに、ドレッシ…

パプリカと厚揚げ煮 

パプリカと厚揚げの煮物はオイスターソースと。 赤 - Fuji to Higanzakura、なのだけれど、オイスターソースは自分には少し旨味が強くて、使い切ってから買い足してないのでない。チルド保存していた、最近まめに作り置いている牡蠣のオイル漬け かきのオイ…

デーツはあんこ説

コーンフレークに、煮デーツ デーツの黒ビール煮 - Fuji to Higanzakura 細かくしたものをこんもりのせて、上からミルクをかける。この場合は、ココナッツミルクなんかがいいかも。あったのはお豆さんミルクだったけど。デーツのお味はあんこなので、気持ち…

こんにゃく炒り煮

煮物の煮汁が残ると、瓶に入れて冷凍庫などで取っておいてしまったりするときもある貧乏性。今回はこの時の煮汁。 レバーの黒ビール煮 - Fuji to Higanzakura こんにゃくは、ちぎって、下ゆでする代わりに、ビニルに入れ砂糖を入れて揉み込んでしばらくおい…

砂肝コンフィーとルッコラサラダ

砂肝は、真ん中を切った後、ぷっくりした塊をそれぞれまた二つくらいにそぎ切りにしたものに、塩して塩麹漬けレモンなども1片とジップロックに入れて混ぜ混ぜして一晩くらい放置し、油を注いで回したら、沸かして小さな泡がふつふつ言っているくらいのお湯…

デーツの黒ビール煮

デーツを赤ワインで煮ると美味しいのだけれど。 デーツの赤ワイン煮 アールグレイ風味 デザート仕様 - Fuji to Higanzakura 黒ビールの風味も良さそうな気がして、飲みきれなかった黒ビールと水半々とざくろ酢(レモン汁などでも?)少しで煮てみた。デーツ…

セルフィーユオムレツ

やはりセルフィーユは卵と相性よし。 セルフィーユはたっぷり刻んで溶き卵に混ぜてオムレツ。 生の葉を上にもかけちゃったけど、かけない方が卵の甘みの中からふわっと香る感じでいいかも。 牡蠣のオイル漬け入りスペインオムレツ セルフィーユ風味 - Fuji to…

高野豆腐粉でクリーム系パスタ風

高野豆腐をすりおろして使うと言っていたの魚柄仁之助さん。そのあと、庄司いずみさんも。 すりおろさなくても、粉状になったものをたまにもらう。 フライパンにニンニク一片潰したものと油を入れて火にかけ、高野豆腐粉または、すりおろしたものをザパッと…

ガパオライス風 ハーブは山ほど

普通は鶏さんだと思うのだけれどあったのはラム肉。細かく叩いてナンプラーやシラチャーソースで下味をつけておいて炒める。水気が飛ぶくらいしっかり目に炒めるのが好み。好みのハーブ(今回は冷凍してあったバジル)もたっぷり。ルバーブは豚さんと合うと…

焼きトレビスとクルミのサラダ 

トレビスはもちろん生でもいいのだが。色は悪くなるけれど、櫛形に大きく切って塩とオリーブオイルをまぶしてグリルで少し焼くと甘みが出る。クルミもグルルでロースト。ソースは、粒入りマスタード、ミルク、蜂蜜、オイル(オリーブオイルとかくるみオイル…

コールラビと鮭の蒸し煮

気持ちとしてはザワークラフトを欲していたので、あればキャベツでやっていたと思うのだけれど、あったのはカブとキャベツの掛け合わせのコールラビ。コールラビはスライスして千切りに。レモンの塩麹漬け(香りづけなのでなくっても)2片くらいと、塩もし…

山東菜と卵の炒めもの 豆豉風味

卵は溶いて少し塩して、たっぷりめの油でふんわりとしたスクランブルエッグにして取り出しておく。 山東菜は生からでももちろんいいけれど、作りおいてあった湯がいたもの使用。青菜を炒めて、豆豉醤、醤油、花椒辣醤(辛味はお好みで)で味付け。水溶き片栗…

ブロッコリポタージュ

旬の時期は、赤ちゃんの頭よりもずっとおっきいブロッコリをもらえたりする。冷蔵庫残り野菜で相性良さそうなものとポタージュに。 プチトマト少し、ブロッコリとにかく沢山、半端切れ端玉ねぎ、半端大根、半端コールラビ、適当に切って、塩麹それぞれにまぶ…

市販シチュールーでグラタン

市販ルーでもフレークタイプのものだったら溶けやすいし任意量を使いやすい。タブレットタイプを削ってもいいけどね。スキレットに直接、水とミルクを入れて好みの具や、ショートパスタなども乾燥のまま入れて火にかけ、シチュールーも適当量を入れて煮てし…

レモンの塩麹漬け

レモンは櫛形に切ってさらに半分にして塩麹をまぶして瓶に詰める。ラップをのせて上から、タルトを焼く時などの重しにするアルミ粒などをビニールに入れたもので重しをしてムギュッと蓋をして冷蔵庫へ。タジン風の煮込みに使ったり、色々。

山東菜ごま酢あえ 鷄さん入り

山東菜や小松菜などの青菜のゴマ酢和え好きだ。お弁当などに入ってると嬉しい。醤油、すりごま(今回は黒)、酢、甘み(砂糖でもしろっぷでも)、和がらし、混ぜ混ぜ。湯がいた青菜と和える。少しトロッとなじませたければゴマペーストプラス。タンパク質は加え…

牡蠣のオイル漬け入りスペインオムレツ セルフィーユ風味

ジャガイモ薄切りは電子レンジでラッピしてチン。牡蠣のオイル漬け かきのオイル漬け - Fuji to Higanzakura はざく切り、青味も入れたければお好みで(今回は花ニラゆがいてあったもの)。爽やか風味入れたくてセルフィーユとレモン皮。溶いて塩した卵に混ぜ…

蕎麦焼きそば

見た目地味ですね。 蕎麦好きだが、食べ方に蕎麦道的こだわりがあるわけではなく、麺類のいただき方として、蕎麦で行けるんならできるだけ蕎麦で行きたいという形の蕎麦好き。そんなわけで焼きそばも蕎麦で。どちらかと言えば冒涜クッキングか? 乾麺の蕎麦…

レバーの黒ビール煮

鶏レバーは大きめに切って、冷水で3回くらい洗って、出てくる血の塊をのぞき、お鍋に入れて、黒ビールをコポポッとかぶるくらいまで注いで火にかけると、ビールの泡と共にアクが出てくるので、せっせととったら、黒砂糖を入れてしばらく煮る。塩、醤油で味…

柿と人参サラダ

人参と柿のサラダ。先だって入った所の前菜盛り合わせで出てきて美味しかった。アニス(ディル)系の香りと青臭い香りがするハーブ、セルフィーユとの組み合わせも楽しく。よくケーキにほんの少しだけのってるセルフィーユ。以前住んでた所ではポタージュ用…

ターサイと牛さん炒め

普通はチンジャオロースとか言ってピーマン使うのだろうけれど。ターサイ湯がいたもの(作り置き)。牛さんは茹でて味付け(スリラチャーチリソース、シロップ、ナンプラー、柑橘汁)したもの(作り置き)。 市販水煮たけのこは、適当に切って、最初に油でし…

里芋煮 花ニラオイルまぶし

里芋さんは適当に切って塩麹をまぶして、少しの水を入れて煮る。中も柔らかくなるまで。作り置きの花ニラ油をたっぷり入れてまぜまぜ。蓋して室温まで放置。里芋の周りの粘りが香味野菜オイルと絡まって美味しい。作り置いて、ご飯に炊き込んじゃったりも。…

かきのオイル漬け

先シーズン、味付けはオイスターソースでやったら自分には旨味が強すぎたので、今回は、違う味付けでトライ。加熱用かきは塩水で洗って、水気をふいて、フライパンでジュクジュクと加熱していく際に、ニンニクひとかけら、とレモンの塩麹漬け数片と残り物の…

山東菜の干しエビスープあんかけ

優しいお味の青菜の山東菜、カニあんなどをかけたらよかろう、と思うも蟹缶はなく、なので、干しエビでスープをとって、お味を顆粒鶏ガラスープで補って、作りおいてあった山東菜を茹でたものを入れて温めたら、山東菜は器に移し、残ったスープには水溶き片…