読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

ミニチュアバーガー ゆず餅のチョコ鋏み

家人が京都からゆず餅を買ってくる。一つ一つは指の先ほどの大きさ。そのままを上品にいただくのはそれなりに堪能し、そろそろ遊んでもよかろと横半分に切ってチョコ鋏み。あらお味も好み。金柑のシロップ煮金柑煮 - Fuji to Higanzakura を小さめカップに落…

たこきゅうり 文旦入り

茹でタコさん、きゅうり、わかめ、ポン酢、千切り酢漬けしょうが、文旦。しばらく冷蔵庫に放置してなじんでもらう。

オイルサーディンと文旦

家人が薫製オイルサーディンのビン詰めを買ってきた。「薫製」ってつくと肴度があがるなぁ。文旦と。交互にいただくと無限ループ。一緒に買ってきたのはライジングサンなんとかっていう媚びのない潔い苦いビール。是非またお願いします。

ターサイと厚揚げの塩辛炒め

塩辛。けっこう炒めものの調味料にもしてしまう。 ターサイが足りなかったのでブロッコリも入れたが、食感に変化ついてよかったみたい。ブロッコリを先に炒め、少しの水も入れて蓋して蒸す。厚揚げ投入。(1枚丸々を焼いてそのまま醤油でいただいたときに、…

肴仕様の目玉焼き

目玉焼きに、塩辛と、ねぎ油(みじん切りネギに熱した油を注いでビン保存している常備品)。とろとろ黄身と塩辛を合わせながら。

紅菜花と牡蠣のオイル漬けの炒め蒸し

保存してある牡蠣のオイル漬けのオイルで牡蠣のオイル漬け 大根カナッペ - Fuji to Higanzakura 紅菜花は茎の方をまず炒め蒸し。フライパンまたは中華鍋にオイルを入れて紅菜花の茎を入れてざっと油をまわしたら、塩と少しの水を入れて蓋をして蒸す。柔らか…

マッシュブロッコリ

マッシュカリフラワーマッシュカリフラワー - Fuji to Higanzakura が気に入ったので、ブロッコリでも。ブロッコリは小房にわけ、茎は適当に乱切りして塩麹をまぶしておき、鍋に移して少しの水を入れて蓋をして蒸し煮。たまに天地返し。やわらかくなったらバ…

サバのリエット

サバとニシンの脂が少し苦手。サバ自体は好きではあるのだが。ということで自ら積極的にはあまり煮たり焼いたりしないのだが、これはたまにする。 鍋にシードル(ビールでも白ワインでも)と水を半々。塩さばがひたひたになる程度に。梅干一つと、柑橘の皮(…

文旦の皮の塩麹漬け

文旦皮の香りラバー。文旦の皮は捨てられぬ - Fuji to Higanzakura 実もほんの少し入っている。レモンの塩麹漬けの際、梅干を入れたことがあったがレモンピーラー と 塩麹漬けレモン - Fuji to Higanzakura レモン皮の苦みがあまり丸くならない気がしたので…

牡蠣のオイル漬け 大根カナッペ

牡蠣のオイル煮は検索すると丁寧なレシピが沢山あってすばらし。酒で煮てオイスターソースを絡め、たかの爪やにんにくとビンに詰めてオイルを注ぐ。生にんにくの代わりに黒ニンニクを使ったら、オイスターソースとのダブルで甘いので、さっぱり大根と千切り…

紅菜花のオイル煮パスタ 

鍋の中に少なめの水、ナンプラー、ネギ油(常備品。なかったらオリーブオイルとニンニクつぶしたものなど)。しばらく水でふやかしたパスタ(折ってもよい)も入れて煮る。紅菜花を茎の固い部分から順番に入れていく。チッポラータがあったので小さめに切っ…

長芋のキウイ和え

長芋は短冊切り。薄口醤油とポン酢で薄く味をつけておく。キウイ(トロトロに近くなったものがおすすめ)を適当に切ったものを加えて和える。七味唐辛子で。 長芋、キウイともに、小さめのさいの目にして納豆と和えるのも実はお気に入り。

菜花と豚さんのからし醤油あえ 長芋入り ちょっとゴマ風味

菜花の苦みは素敵だけれど、紅菜花紅菜花と豚さんの芥子醤油和え - Fuji to Higanzakura の甘みの豊かさに慣れてしまうと、菜花での豚さんとの芥子醤油和えは、芥子醤油に甘みを加えてもちょっと寂しい。長芋とすりゴマプラス。

赤ワイン煮デーツのグラタン

料理を冷蔵庫にしばらく放置しておくことで、味が落ち着いて美味しくなるという過程が好きだが、デーツの赤ワイン煮デーツの赤ワイン煮 アールグレイ風味 デザート仕様 - Fuji to Higanzakura については作り立てのぬるめがおすすめ。冷蔵庫保存すると、デー…

みかんの水曜日のネコ漬け しゅわしゅわ編

まだ珍しい品種らしいおみかんを手に入れた。でもそのままいただくにはちょっと好みから外れている。なので水曜日のネコ漬け。 みかんの水曜日のネコ漬け - Fuji to Higanzakura ぶどうのビール漬け - Fuji to Higanzakura 密閉するとシュワシュワになるらし…

小豆入りトリュフ

昔、友人が作ってくれた小豆入りチョコ。 10年以上も前に、既にさらっと自分のオリジナルアイデアで抹茶ティラミスなぞも作っては、仏人パートナーさんやそのお友達などを喜ばせていたセンスのいい友人。 ここは日本なので、今回めんどくさがりさん(自分…

金柑煮

効率のいい作業ではないけれど、これがあるとうれしいので。ちっちゃいもの倶楽部。 金柑には8本(小さめなら6本)ほど切り目を入れ、沸騰したお湯でゆで、丸から8角形に気持ち角ばってきたら湯からあげる。指でやさしくつぶしながら切れ目の間から楊枝で…

文旦の皮は捨てられぬ

文旦が届く。小躍り。香りだけで幸せになれる。たわしでこすり洗いいして剥き剥き。ピールを作るほどのまめさはないがラップして冷凍庫へ。フルーツのコンポートとかお魚さんのポシェ(お湯とハーブでふつふつ煮るようなやつ)にも使うが、たまには風呂にも…

金柑とホワイトチョコレンジにかけたん

金柑適当切り。ホワイトチョコのせてレンジ。グリルしたスライスアーモンド。手間なしごきげん。デミタスカップなんかでやるのもいいかも。

デーツの赤ワイン煮 アールグレイ風味 デザート仕様

皮の柔らかいふっくらデーツデーツのバターサンド 心はマーガリンあんぱん - Fuji to Higanzakuraが手に入ったら、赤ワイン煮も外せない。 ほんとはシナモンスティックとかクローブとかのスパイスを使うのだろうが、その手のスパイスが強く効いているのが苦…

露地物ルッコラの混ぜご飯再び

露地物の冬ルッコラとオイルサーディンとの組み合わせはルッコラとオイルサーディンの混ぜごはん - Fuji to Higanzakura、わあプロだなぁと幸せにさせてもらったけれど、そんな完成度の高いレシピで、苦くて甘くてもさもさしている寒中ルッコラの素敵さを感…

キウイと羊羹のホットサンド

羊羹と酸味のある果物の組み合わせは、羊羹はちょっと苦手さんでも食べやすいと思う。パンに薄切り羊羹にキウイ、もう一枚には緑トマトジャム緑トマトとキウイのジャム ブラックチョコレートと - Fuji to Higanzakuraを塗っているけれど、クリームチーズとか…

菜花とグレープフルーツの胡麻和え

湯搔いた菜花、グレープフルーツ、白醤油、ゴマペーストとすりごま。菜花はごまとよく合う。菜花は柑橘ともよく合う。

ベーコンと芽キャベツ炒め蒸し

ベーコンは、少しいい肉屋さんで塊を買うという習慣は、うんとうんと前に確かケンタロウさんの初出版本から教わった覚えが。長いことその習慣をすっかり忘れていた。ふと思い出してやってみて、幸せな習慣だったことを食べて改て思い出した。料理未満みたい…

長芋のすり流し汁

喉をケアしたいときは、長芋か蓮根のすり流し汁。効くかどうかはともかく。ほっとするし、おまじない。効きますように。

長芋の卵黄塩辛焼き

卵黄を溶いて塩辛をまぜこみ、めんどうでなければキッチン鋏などでイカの身は細かく切っておく。スキレットに輪切りにした長芋を並べて裏表、蓋をして蒸し焼き。(スキレットの焦げ付かなさ加減に自信がなければ、キッチンホイルなどを敷く。)芋の上に卵黄…

生芽キャベツと金柑のサラダ ゴマだれで

芽キャベツは生をスライサーなどで細かくスライス。金柑も薄切り。他にも入れたいものがあれば(今回リンゴとルッコラ入り)。ポン酢などでさっとあえておく。豆腐をすくってのせ、甘めのゴマだれドレッシングをかけて豆腐を崩しながらいただく。

ルッコラとオイルサーディンの混ぜごはん

レシピ参考本 西荻窪「たべごと屋 のらぼう」の絶品レシピ62 野菜のごちそう 春夏秋冬: 本|カドカワストア|オリジナル特典,本,関連グッズ,Blu-Ray/DVD/CD|KADOKAWA公式オンラインショップ ピリっとした苦みに甘いが加わる冬のルッコラで、と本にあった。寒…

煮込みパスタ 残り物シチューで

シチュー牛さんとごぼうのシチュー 赤ワインと味噌仕立て おまけは牛さん煮込み肉のリエット - Fuji to Higanzakuraが残ったら、乾麺をともに煮る。鍋の中でタマネギなどを油で炒め、水で戻した乾麺(自分はわりと蕎麦派だがショートパスタが鍋底にくっつき…

ほうれん草と金柑のクリームチーズ和え

西荻窪「たべごと屋 のらぼう」の絶品レシピ62 野菜のごちそう 春夏秋冬: 本|カドカワストア|オリジナル特典,本,関連グッズ,Blu-Ray/DVD/CD|KADOKAWA公式オンラインショップ ご飯にもシャンパンにも合いそう。うっとり。冬の甘いほうれん草で、とあった。

紅菜花煮込みパスタ カルボナーラ仕立て

紅菜花と卵シリーズ。 紅菜花とたまごのサラダ - Fuji to Higanzakura 紅菜花 とろとろスクランブルエッグかけ 卵黄は多め - Fuji to Higanzakura 紅菜花のキッシュ - Fuji to Higanzakura 鍋でたまねぎを炒め、たまねぎでパスタを包むようにして、ひたひた…

ミルク煮オートミール 甘党仕様

オリジナルは 『ごきげん朝ごはん 「そうだ、あれ食べよう!」は最高のめざまし』(若山曜子):講談社のお料理BOOK|講談社BOOK倶楽部 メープルシロップ味。優しい美味しい。

紅菜花のキッシュ

紅菜花と卵シリーズ。 紅菜花とたまごのサラダ - Fuji to Higanzakura 紅菜花 とろとろスクランブルエッグかけ 卵黄は多め - Fuji to Higanzakura 生地なしキッシュで卵グラタンてことにしちゃえば手間なしなのだけれど、生地がつくとやはりテンションがあが…

蒸し卵

コップにマッシュカリフラワーマッシュカリフラワー - Fuji to Higanzakura その上に卵を割り入れて塩して蒸し器で白身の色が変わるまで蒸す 下はマッシュポテトがオリジナルレシピ:『ごきげん朝ごはん 「そうだ、あれ食べよう!」は最高のめざまし』(若山…

カリフラワーフリット

衣は粉とビール(または炭酸水)と塩とクミン(カレー粉でも) フムスを作るときのヒヨコ豆ペーストを混ぜてもいいかも

カリフラワーポタージュそば パスタ仕立て

冬菜での煮込みパスタにんにくオイル煮冬菜のパスタ フィデウア方式で 目指す所はチーマディラーパオレキエッテ - Fuji to Higanzakuraが気に入って、他のものでもできるかなと思っていたら、別茹でしないパスタ料理の分野は既にちゃんとある様子。 楽天ブッ…

焼きカレードリア風 ごはん代わりにブロッコリだけれど納豆様があれば

ごはん代わりとなると色目的にはカリフラワーがよいけれど、ブロッコリでも。細かく房をわけ茎も適当に切ったブロッコリは、薄くお湯をはったスキレットの中に入れて塩して蓋して柔らかくなるまで火にかける。ひきわり納豆をのせる。レトルトカレーなり残り…

ターサイのオイル煮

水洗いしたターサイは水滴を切らずにお鍋に。つぶしたニンニクを入れて、塩をしてオリーブオイルをまわしかけ、蓋をしてしんなりするまで火にかける。

オレンジとグレープフルーツマリネ アーモンドタフィーで

アーモンドタフィーをアーモンドタフィー 市販飴で - Fuji to Higanzakura の要領で作る。今回は形を気にしなくていいので、市販飴を6個くらいオーブンシートの上にくっつけて置いて、電子レンジで溶かし、グリルであぶったスライスアーモンドなどをその上…

牛さんとごぼうのシチュー 赤ワインと味噌仕立て おまけは牛さん煮込み肉のリエット

立派なごぼうを沢山いただいた。これはもう贅沢に、野菜は潔くごぼうさんばかりをどかんと入れて牛さんとシチュー。ごぼうに合うよう少し甘めに赤ワインと味噌仕立て。とはいえ、少しの苦みと酸味も加えます。 牛さんは塊すね肉があったので、予めお水でこと…

マッシュカリフラワー 

季節なのでよくいただいてもはやカリフラワー祭り。ポテトの代わりにマッシュポテトならぬマッシュカリフラワー。軽くて上品爽やか。 少しのお湯を入れた鍋で房にわけたカリフラワーをひとつまみの塩を入れて蒸し煮する。柔らかくなる前に水がなくなるような…

紅菜花 とろとろスクランブルエッグかけ 卵黄は多め

幸せの紅菜花と卵シリーズ 紅菜花とたまごのサラダ - Fuji to Higanzakura 今回のは気持ちちょっとおごちそう編。全卵と卵黄一つずつで(量によっては倍に)。卵は溶いて塩して、たっぷりめバタを溶かした弱火フライパンで、火から降ろしたりしながら小さめ…

緑トマトとキウイのジャム ブラックチョコレートと

野菜類をよくいただく方に赤く熟す前の緑のプチトマトを頼んでおいたら、トマトの株を処分する際に、赤であれ緑であれ、その株にまだついている実をまるっといただけた。 緑トマトのジャムという存在を知ったとき、それはきっと自分の好きな味だと思って、見…

紅菜花とたまごのサラダ

紅菜花。ゆがいておしょうゆだけでもおいしいけれど、たまごさんと相性よしと思う。ゆがいた紅菜花とゆで卵。ソースは、ヨーグルトにマスタードを混ぜたもの。料理未満系の割には幸せ度が高い。紅菜花もゆで卵も温かみが少し残っているくらいでいただけると…

紅菜花と豚さんの芥子醤油和え

紅菜花。菜の花のような苦みはなく、ゆがくとやわらかく甘い。茹で汁は蛍光緑がかった濃い青紫になる、アントシアニン入ってます系のお野菜。http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kous 夏は金時草、冬は紅菜花。 紅菜花を湯搔いたお湯は、そ…

砂肝とししとう炒め 山椒風味

家人作。砂肝はそぎ切りして、ししとうと炒めて塩で味付け。簡易ミルに入った粒山椒を買ってきてガリガリその場でうれしそうに挽いていた。

干し芋でティラミス

土台部分は王道フィンガービスケットでもいいし、カステラのたち落としなんかでもいい。型の底にあわせてつめる。今回は、マドレーヌやらの焼き菓子を沢山いただいたのでそれらで。チョコ味やら、柑橘ピール入りやら味が色々でも気にしない。不器用さんなり…

鶏もつとくたんくたん青菜のカレー

ありがたいことにお野菜の類いを人さまからいただく機会が多い。青菜の類いは食べきれないときはゆがいて冷凍。冷凍青菜が沢山たまってきたら、鶏もつとくたんくたん青菜のカレー。羊ひき肉でもいいけれど、あまり手に入らないし鶏もつなら手頃。鶏もつで作…

フレンチトーストは宵越し

バゲットの輪切り、フレンチトースト液(卵•ミルク•砂糖)には一晩つける。朝パタパタ作るよりもフレンチトースト魂?がぎゅっと濃くなる気がする。スキレットでじっくり焼く。

ターサイと牛さん炒め 豆豉と紹興酒風味

長い事紹興酒って、味と風味が強くてわりと料理に使いにくいと思っていたけれど、でも豆豉とは相性が良い。甘い黒にんにくとも。頂きものの紹興酒がなかなか減らないので、豆豉を買ってくる。 牛さんには適宜下味(紹興酒、豆豉醤、ほんの少しだけジンと梅酢…