読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

心理臨床ベースに少しずつ

白子と白い根菜類のパスタ 柑橘風味

プリプリの白子。梅酢と千切り酢漬けショウガのお酢、ほんの少しジンも振りかけてしばらくおく。濁った水が出てきたら捨ててキッチンペーパーで水分をとりキッチン鋏などで適当に切っておく。根菜類(ごぼう、蓮根、コールラビは、適当に薄切り)は、パスタ…

トマトポタージュ鍋

お土産にレトルトトマトポタージュをいただく。ふむ。鍋にしてみよかな。トマトポタージュはかなりとろみがしっかりつくタイプだったので、その中で野菜やらを煮るには向かなさそう。野菜類の具は予め火を通しておくことに。具は、ブロッコリ、芽キャベツ、…

あん肝の大根カナッペ

青首大根なのでやけにみどりみどりしいけれど。大根はつまめる程度の薄切り。上に蒸しあん肝、香菜、千切り酢漬けショウガ。ポン酢数滴。

サラダ セリ入り

レタスなどのごく普通のサラダに、癖のある葉物を入れるのが最近のお気に入り。これはセリ入り。(白いのはコールラビ。)

かぼちゃ煮

ごく普通の。酒とみりんで炊いて、黒砂糖少しの後、淡口醬油。ストウブ鍋のおかげか日本のかぼちゃのおかげか。

ほうれん草とささみ梅肉和え

ゆがいたほうれんそうのざく切り、ゆがいたまいたけ。ゆでささみちぎったもの。梅肉としょうゆ。千切り酢漬けしょうが。ささみって梅肉と合うよね。

カラシ菜のみそ汁

冬の葉物の味噌汁は、からし菜。

デーツのバターサンド 心はマーガリンあんぱん

「一時帰国するけどお土産は何がいい?」と聞いてくださった方に「デーツ。高いけどmedhoolのにしてね」と遠慮なくねだる。持ってきてくださった。どうしよう。うれしい。メジョールデーツ。皮も柔らかく身も大きくふっくら。お味は干し柿をさらに濃密にして…

長芋とせりの卵とじ すき焼き(ねぎ牛鍋?)の名残

甘い冬ねぎを一抱えもいただく。「どう食べるのがおすすめ?」と聞いたら「すき焼き」って言われたんだもの。おねぎのためのすき焼き。この後割り下を入れて。さらにいろんな具を入れて最後のうどんまで一度に一気にいくのがすき焼きの華的あり方とすれば、…

牛さんのビール煮 日本のビールと緑トマトで

牛さんのビール煮は、黒ビールなどこくのあるビールを使うのが王道。使う野菜はタマネギ、ニンジン、赤トマトなどだが。 さっぱり苦い系の日本のビールを使うなら、一緒に煮込む野菜も甘くしない方向を目指してみる。セロリ、コールラビ、緑トマトで。今回は…

厚揚げさんと小松菜オイスターソース炒め

厚揚げとオイスターソースは相性よし。パプリカとかブロッコリとか他の野菜でも。もったり味をしめたいときは、少しのジンと梅酢。 厚揚げはまずは焼いただけがいいけれど。一丁分は多かったりするときもあるから残りはオイスターソース炒め。

お豆腐とツナさん混ぜたん揚げたん

家人作。水切り木綿豆腐をつぶして、ツナとみじんぎりたまねぎとマヨネーズ、小麦粉を混ぜた種をスプーンで落として揚げたらしい。ネット上でバズってた料理らしい。家人も一目惚れしてトライしたくなったらしい。まわりカリカリ中ふわふわ。是非またお願い…

ひよこまめフムス ちょっとトロトロ

家人作。ひよこ豆のゆで汁を入れすぎたらしい。ゆでひよこ豆、オリーブオイル、塩をバーミックスでガーだそうです。最後に振るクミンが仕上げ。ゆでひよこ豆の缶詰がお手軽だそうです。フムスは市販品をよく買っていたけれど作った方が優しい味で美味しい。…

しょうが入りルイボスミルクティー チャイ風

友人宅でごちそうになって美味しかったので家でも。鍋に牛なり豆なりのミルク(水とミルク半々からミルクストレートまでお好みで)を入れルイボスティーの茶葉としょうがのそぎ切り数片も入れてゆっくり煮立てる。お茶が煮出せてきたら、黒砂糖を入れて溶か…

おから煮アレンジ2 おから煮パスタ カルボナーラ風

オイルでタマネギをいため甘い匂いが出て来たら粉をふりいれてさらに炒めてから好みのミルク(豆でも牛でも)を入れる。味噌または薄口醤油。どうしてもぼわーんとした味になるので、ほんの少しのジンとかほんの少しの梅酢とか緑タバスコ2dashなどをそのと…

おから煮アレンジ1 ホットサンド 

ええ、なんでもホットサンド。なにぶんにも具がおから煮となれば、味が淡白すぎるのは寂しいので、パン2枚にはねりごまを塗る。1枚の上におから煮をのせ、真ん中に一筋溝を作り、そこに溶いた卵黄を流し込む。(卵白はビンに入れて冷凍できる)卵黄部分に…

おから男子のおから煮 または 菜花の大量おからあえと言うべきか

家人作。おから好き男子曰く、「おからなんて既に火も通っているインスタント素材みたいなもので、お出汁でふんわりさせればいいだけなんだから簡単だよ。」だそうな。左様で。 おからさんは、おだしで炊いてみりんと塩と醤油(あることに気づけば薄口醤油を…

がんもさんと万願寺とうがらしの炊いたん

家人作。タイトルのまま。水、出汁醤油、みりん少しで炊いたのだそうな。万願寺とううがらしなんて使ってくれちゃったりすると、ふわっとテンションがあがる。やあ飲んじゃえ、みたいな。

シンプル鶏さん 香菜とかいわれ添え 

なんてことないシンプル調理の鶏さん(これはローストチキンをさばいて保存してあったものだが、蒸し鶏などでも。)に、個性の強い葉っぱ(今回は香菜とかいわれ)を添えるだけで、ちゃんとした感の一皿になってうれしい。鶏さんには、ネギと油と塩をあわせ…

新小松菜おひたし 関東風

くださる方が、小松菜じゃなくて新小松菜って言うのだもの。「新」小松菜らしい。茎部分がやたら立派。「ゆがくとすごく柔らかくなるからね」と言われたが、ほんとにそうだった。関東風はおだしではなく生醤油。ゆがいたものに上から醤油をかけていたけれど…

鶏さんとコールラビのサラダ

客人があるとのことで、普段、自分ちの食卓用には高嶺の花なブランド鶏さんのもも肉をグリルでシンプルに焼こうといそいそ買いに行くも品切れ。それなのに隣に、その憧れのブランド鶏さん丸ごと(普通の若鶏より2まわりくらいおっきい)が半額になっている…

蓮根焼き浸し 湯剥きトマトも出汁のうち

蓮根は輪切りにし塩とオリーブオイルをまぶしておいてフライパンで焼いたそばから、出汁+ポン酢の液に入れていく。湯向きしたプチトマト(楊枝等で上下に穴をあけ、湧いているお湯にくぐらせて氷水にとり皮を剥く)も入れる。半日から一晩放置した方が、ト…

見た目普通のグリーンサラダ

自家栽培のもさもさルッコラ。いつもくださる方に、人によってはえぐみとも感じるだろう強い風味は自分は好きだが、それでも生でいただくにはやはりもさもさすぎだ、と言ってみたら、この時期のルッコラの強い風味好きならやはり生でいけ、ロメインレタスも…

ほうれんそうとロメインレタス炒めミルク煮 しょうが風味

ほうれん草とロメインレタス(普通にレタスでも)はざく切り。鍋に油を熱しにんにく(なくっても)としょうがを炒めて香りを移し、ほうれん草 とロメインレタスも入れ塩も入れて炒めて、ざっと油をまわしたら、鶏ガラスープを少し入れ、ミルク(豆乳でも牛乳…

カリフラワーのサブジ

カリフラワーのくきは乱切り、房は一口大に分ける。にんにくとしょうがを中華鍋で炒め、べ−コン(なくっても)、タマネギやセロリのみじん切りを炒め、好みのスパイスを振り入れる(今回は、クミン、ターメリック、コリアンダー)。カリフラワーを投入して、…

中華やさんの青菜炒め風 ルッコラ炒め

チンゲン菜、ターサイ、小松菜あたりが王道かと思うのだけれど、いただいた自家栽培のもさもさルッコラも、この食べ方で大量消費。 油を熱してつぶしにんにくを入れ香りを移したところに、青菜の茎からいれ、塩もしながら鍋を煽り、順番に葉っぱまで入れたら…

セロリ•キウイ•ブルーチーズのホットサンド

タイトルのまま。セロリは薄くそぎ切り。自分の中の王道は、フェンネルと洋梨とブルーチーズの組み合わせだが、この組み合わせもこれはこれで。

青菜リゾット レモン風味

タマネギのみじん切りをオリーブオイルで炒め、生米も入れて米に油をまわして透明感が出るように炒める。塩麹漬けレモンのみじん切りを入れる(ケイパーなどにして仕上げにレモン皮をふるのでも。)好みのスープ(鶏ガラスープでもブイヨンでも。今回は前日…

緑トマトスープ 白菜外側葉と サワークリームで

プチトマトをよくくださる方に熟す前の緑トマトもねだっていただく。赤より旨味はないが、その分煮込みやスープなど潔い味になるので好み。自家栽培白菜などにはある、外側の緑ゴワゴワ葉部分(またはちりめんキャベツ)は適当にざく切り、プチ緑トマトは半…

とろとろ洋梨ととろとろキウイの甘酒かけ

カットしてそのままいただくにはトロトロになりすぎた洋梨。あらキウイも。なんとかカットして市販甘酒をあっためてかける。甘酒は冷たいままより温めた方がトロトロ果物とより馴染んで一仕事したみたいな感じになる。洋梨は単品でも。ショウガの絞り汁を少…

ピータン豆腐うどん キムチと香菜で

うどんはゆでて水でしめる。上に水切り豆腐(好みは絹だが)を大きめスプンで粗くすくい切りしたもの、乱切りピータン、刻みキムチ、香菜。千切り酢漬けしょうが(はあってもなくっても)。出汁醤油(醤油でも)をかけ、ごま油を少し垂らす。

梅のり吸い

たたいた梅肉、千切り酢漬けしょうが(わさびでも)、あおさのり(炙ったのりでも)をちぎったもの、を器に入れて、湧かしたこぶだし汁(白湯でも)に薄口醤油を少しいれたものを注ぐ。向田邦子さんが吞みの合間に出されてたとか。

生カリフラワーにブリーとブルー

チーズは室温にもどす。

御神米

神社に奉納しているという古代米(黒米)をいただいた。玄米に炊き込むことを薦められ、そのように。

香菜塩そば

潔く。塩とオリーブオイルと香菜のみ。そばを茹でて水で締め塩と油をなじませるときに、香菜も半分ほど入れて混ぜる。上にかける残りの香菜も、油と塩をなじませておく方が、そばとのつながりがよい。

春菊と柿のサラダ 干物(その他の場合も)入り

赤タマネギは最初に、スライーサーでスライスしてしばらく空気にさらす。春菊の葉をちぎったもの、柿さん、と合わせてオリーブオイルを馴染ませる。焼いた魚の干物の身をむしったものレモン汁も合わせる。塩味を整える。 これはハタハタの一夜干し。他の干物…

ブロッコリー炒め蒸し 黒ニンニクで

ブロッコリーの茎はそぎ切りっぽい乱切り。房は小房にわける。 中華鍋に油と黒ニンニク(生で使うときよりも多めにまるまるっと放り込んで平気)を入れて熱しながら木ベラで適当につぶす。ブロッコリーの茎と、甘さを引き出すつもりの気持ち分だけの少量の塩…

きのことカリフラワーの卵とじ しょうが風味

きのこ(冷蔵庫の中で半乾きになったようなのがおススメ。今回はまいたけとえのき)をざく切り。千切り酢漬けしょうが(普通にしょうがでも)はみじん切り。カリフラワーは花部分はほろほろに小さくわけ、他の部分も細かめの乱切り。卵はわって塩をしてかき…

アイスプラント•柿•砂肝コンフィーのサラダ

赤タマネギを最初にスライスしてしばらく空気に触れさせておく。適当に切った、アイスプラント、柿、砂肝のコンフィー、をあわせて、オリーブオイルをなじませて、塩とレモン汁。レモン皮。 アイスプラントのちょっとぬめっとした食感が柿さんと馴染む。

トレビスと鶏さんのフリカッセ マスタード風味 タルティーヌ仕立て

タマネギと鶏さん(鶏ハムや蒸し鶏など手軽に加熱ずみのもので良い。今回はローストチキンの身をむしって冷凍しておいたもの)を炒め、好みの粉を振り入れる。塩麹漬けレモンのみじん切りとか千切り酢漬けしょうがを入れたが、ケイパーとか緑オリーブなどな…

ねぎとりんごとこってり系フォア(肝)のゼリー寄せ

牛さんのコンソメスープゼリー(gelée de viand) の小型缶詰。不器用さんでも思わず時々使ってみたくなるものだった。そういえば一つあったはず。おねぎは水と塩でくたくたに蒸し煮しておく。この時期は、フォアグラの小さめテリーヌがそれほどの値段でなく…

干しイチジクと干し柿のビールコンポート アールグレイ風味

シナモンとクローブと柑橘の香り。この時期この日までは、外に出るとホットワインに入っているその香りが漂って来る。香りも甘さもアルコールも、それらの強さをそのままに飲んで楽しめるだけの強さは自分の身体にはないけれど、香りの中を歩くのはごきげん…

にんじんのシリシリサラダ

砂肝コンフィーを作った油があるうちに。にんじんは、粗いチーズおろし器を使ったり、縦に複数切り目を入れてピーラーやスライサーを使ったり、色んな切り方をすると美味しい気がするがめんどうなので、コンフィーの油があるなぁ、とか、おいしそうなにんじ…

じゃがいもと菊芋のフリット風 コンフィオイルで + フリット太郎のお話

砂肝コンフィ菊芋のグリル 砂肝コンフィー添え - Fuji to Higanzakura を作ったときのオイルがあるうちにフリット(フライドポテト)。でも揚げるのはめんどうなのでフリット風。じゃがいもと菊芋は拍子木切りに近い気持ちで適当に切る。耐熱皿にのせてラッ…

菊芋のグリル 砂肝コンフィー添え

砂肝は、塩麹漬けレモン(普通に塩とニンニクでも)と一緒にジップロックにいれてもみ込んで冷蔵庫に一晩以上。袋にオリーブオイルを全体にわたるくらいまで入れる。おっきなお鍋に湯をわかし、80度くらいになったら袋を入れて、鍋全体を毛布でくるんでお…

菊芋ともやしのサラダ

出先の道の駅で菊芋を発見。懐かしくて買う。根菜のカルパッチョは菊芋から覚えたことを思い出してやってみる。コールラビーのカルパッチョ 菊芋のカルパッチョ - Fuji to Higanzakura 薄くスライスしてレモン汁。ソースは、ゴマペースト、梅酢、とろみが固…

柿のパンペルデュ•タタン

焼きリンゴがあるうちに パンペルデュ•タタン - Fuji to Higanzakura とほぼ同じだが、今回ホットサンド器使用。これは手軽できれいにできていいな。片面にバタと砂糖(今回は黒砂糖使用)入れて火にかけ柿を焼いてキャラメリゼ。好みでラム酒。その上に卵と…

柿のホットサンド

焼いた果物と塩味系チーズの組み合わせは好きなので、普通にチーズがあれば、チーズでやっていたと思うが。切らしているので。ヨーグルトとすりゴマをパンにぬって柿を挟んで焼いた。 ゴマはバナナとも相性が良いので、蜂蜜加えてバナナでやるのもいいかも。

なんでもホットサンド チーズが切れているとしても

例え和風常備菜だろうとも。パンは、懐が深いのはカンパーニュ系のような気がする。ほんとはチーズがあればなんであろうとつないでくれるが、なかったらおいもさん類もけっこうつないでくれる。里芋の煮物(真ん中)スライスと大根皮のきんぴら(右)で。 そ…

根菜カレー 汁少なめ

冬は根菜カレー。汁少なめ系でフライパン使用。ひき肉は少し焦げ目がつくくらいしっかり炒め焼き。出てくる油はキッチンペーパーなどでせっせと吸う。(ある時、家人が作ったミートソースが美味しかったので「なぜ」と聞いたら、そのようにしてひき肉の油と…