読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuji to Higanzakura

心理臨床ベースに少しずつ

鰹にピーマン

ピーマンとかつおが合うよとスヌ子さん酔いどれスヌ子の麗しごはん | 小学館が言っていたので。 鰹、ピーマン、みょうが(赤たまねぎでも)、しょうが千切り酢漬け(なくっても) カボス汁、しょうゆ(ポン酢でも) オリジナルレシピはもうちょっと凝ってま…

パリパリのピーマンがあれば

ごきげん。 自家栽培のピカピカピーマンをいただく。 喜ぶ人がいるためチクワの千切りも入っているが、ピーマン千切りだけで既にごきげん。すりごま。カボス汁と醤油。(ポン酢でも)。好みでかつおぶし。 自分が昔いた国に今いらっしゃる方から、和食めいた…

かぼす祭り

自家栽培のかぼすをたくさんいただく。うれしいうれしい。 しばらくはかぼす祭り。 ちっこいかぼすとすだちの区別がつきません。

たまごはゆでたまご 地獄谷風

「たまごはゆでたまご」という語呂が好きな自覚はある。ゆで卵が好きかどうかの自覚はない。もそもそ感が嫌いという人はけっこうまわりにいるが、それは感じないので嫌いではないはずだ。「たまごはゆでたまご」と頭の中で音を転がしながら食べると幸せにな…

焼きリンゴがあるうちに パンペルデュ•タタン

加熱したリンゴのフィリングをアップサイドダウンで作るタルトはタルトタタン。アップサイドダウンでケーキにすればケーキタタン。いずれも生地に密封されてさらに蒸し焼きされたリンゴが魅力的。 簡易バージョン。 櫛形で焼いたリンゴを耐熱器に並べる。オ…

焼きリンゴも紅玉

紅玉が手に入ったら焼かずにはおられない。 バター、好みの甘み(砂糖でもシロップでも)。好みでシナモン。 三温糖があるとうれしいが、三温糖もシナモンもなくっても、りんごがおいしいからおいしくならないはずはないと、うれしくなりながら焼く。 アーモ…

りんごは紅玉

紅玉をいただく。しゃくしゃく食感と酸味が醍醐味。 あっという間にボカボカの食感になって味も悪くなるのであまり店頭でみかけなくなったので貴重。いただいてすぐに、半ばはふはふ慌てたように皮をむく。 しゃくしゃくも酸味も健在。

プルーンとチーズの

焼き餃子。 というタイトルにする勇気はなく。いや、その通りといえばその通りなんだけども。 「プルーンとチーズのフィンガーフードパイ」ということで。 フランスのアルザス•ロレーヌ地方及びその周辺地域で夏の終わりに出回る果物、クエッチ。プルーンと…

ぶどうのビール漬け

ベルギービールの、カンティヨン•グース。赤い芥子の花としょんべん小僧のラベルが目印。さくらんぼ風味、フランボワーズ風味もある。大変に好きずきが別れるが、私は「わーいこれはビールのシャンパン!フランボワーズ風味はロゼシャンパン。」とお喜び派。…

焼きぶどうにブルーチーズ

巨峰をホイルにのせてグリルで焼く。 皮はフォークとナイフでつるりと剥ける。 自分で準備した食べ物の簡易記録の カテゴリーは、 つくる、ときどき、トラヴィアー タ にしよかな。。。