Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

久しぶりに

料理して写真をとってみた。

f:id:higanzakura109:20180912225932j:plain

ハナニラしらすとちくわさん炒めたん。ハナニラは季節の終わりでやや固くなり出しているので、お酒たっぷりかけて蒸し炒め。お塩は控えめ。

 

おまけ

密かにお気に入りの地味め水族館。地元の。友人らが遊びに来るたびにオモムロに連れて行くとみなさんかなり受けてくれる。再訪の際にも、またあそこに行きたいと言う友も。何かと微妙にツボなのはわかるよ。

f:id:higanzakura109:20180912230716j:plain

f:id:higanzakura109:20180803122609j:plain

夏の細い青ネギを山ほどもらったまま、使い損ねていたらまたもらって、ほんとに山ほどあったのでスープに。うらなり緑プチトマトと合わせれば、重めの緑味も臭みも爽やかになるから大丈夫だろうと思ったら大丈夫だった上に、なんだか美味しいクロレラ飲んでるみたいです。ありがとー緑トマト。単品だと美味しくないのにね。

緑トマトとざく切り緑ねぎ、それぞれに塩麹まぶして鍋に重ねて、一番上にじゃがいもさんちょっと。火にかけてくつくつしてきたら弱火50分。バーミクスで撹拌してペーストは冷蔵庫保存。都度適量とって水で伸ばして温め直す。こんな陽気だともはや冷たくてもいいかもしんない。最後器にもってから、柑橘汁少しと柑橘皮があるとよございます。

 

f:id:higanzakura109:20180803122710j:plain

 最近同じようなものばかりですが。ゆでモロヘイヤと茹でオクラのだし汁浸し。といっても市販そばつゆ水で割っただけ。シークワーサー果汁入りのめんつゆを気まぐれで買ってみたがよございます。近場では買えないけどなくなったら好きな柑橘を輪切りで入れとけばいいか。昨夏の高知の仏手柑(ぶしゅかん)が恋しい。

冷蔵庫作りおき保存だし、別に氷で割らなくてもいいのだが、作ってて気持ちいいので。気持ちいいのは、いいよね。オクラのがく部分をクルんと丸く剥く作業はわりと好きだ。自家栽培ものの貰い物モロヘイヤは、さや部分を避けて葉っぱをむしっていく作業は、ちょっと気が遠くなるから最後の氷遊びでご褒美。

 

higanzakura109.hatenablog.com

 

 

夏のご飯もの

f:id:higanzakura109:20180723094825j:plain

夏野菜丼。お好きな夏野菜なんでも刻む。本日は、おくらと甘唐辛子と、きゅうり。おくらさんは生をスライサーで薄くスライス。きゅうりと甘唐辛子はタネをとってみじん切り。ボールに入れて、壁面に味噌と和がらしをこすりつけたものをこそげおとしながら混ぜる。本日は叩いた梅肉も入れたけどお好みで。シソとかミョウガとか入れるとさらに幸せ。とれたてでアクの少ないナス入れても美味しい。

f:id:higanzakura109:20180723095130j:plain

料理上手マダムのところでご馳走になった夏寿司。酢飯にアナゴの蒲焼(市販品)刻んだのと、きゅうりの塩もみといり卵。お好みでシソの千切りは後添え。

マダムが嫁ぎ先から子どもを連れて実家に帰省して、そこから海やら川やらで水遊びして帰ってくると、マダム母(つまり子どもからみたら母方祖母)殿が作ってくれてあったんだって。そんな話も聞きながらいただけばもはや私にも夏の思い出味。食べ残したものラップおにぎりにして保冷剤添えてお持たせさせてもらって帰路途上の休憩時に外で食べたら、これがまた冷え冷えで美味しくて泣ける。ご馳走さまでした。

f:id:higanzakura109:20180723095234j:plain

 

 

夏惣菜 

f:id:higanzakura109:20180713220628j:plain

キンキンに冷えたポテサラの幸せ。

f:id:higanzakura109:20180713220800j:plain

具はお好みで。ポイントは茹でじゃがを潰す時に、ジャガさんがあっつーいうちにたっぷり目の酢を入れてうちわであおいで蒸気と一緒に上がってきたお酢でケホケホってなりそになりながら潰し混ぜること。お酢のきつい酸味は飛ぶけどエッジのたったお味になる。その他の味付けはお好みで。作りたてのお味は、お酢入れすぎちゃったかな、くらいでも冷蔵庫放置すると大丈夫。味付けは、水切りヨグルトとマスタードとかもやったこともあったけど、自分は結局マヨネーズ。家人が作るときはブルーチーズだったりする。

f:id:higanzakura109:20180713221331j:plain

夏の定番、ゴーヤとパイナップルマリネ(のはずでした)。ゴーヤは薄切りして塩してさっと茹でておく。そこまでやっといて、パイナップルを買いに行こうとしたところで客人予定キャンセル連絡があったので、もう買い物行かずにうちにあった冷凍マンゴーで合わせちゃう。ちょっと塩してライム汁。冷蔵庫放置。

ゴーヤとマンゴーマリネはゴーヤさんの苦味が大変に際立っておりました。やはり甘い汁だくになってゴーヤさんの苦味包み込むパイナップルが王道かもですが、マンゴーでも、なつーという感じの突き出しではありました。しゃりしゃり凍らせても良さそうなんだけどー、というところで、どうするかまでは行かずに思考停止。

浸し野菜の変遷

f:id:higanzakura109:20180713212618j:plain

 

揚げ物がめんどくなければ、 

f:id:higanzakura109:20180713212917j:plain

根菜を揚げたり。(自分は揚げ物はめんどーだったので、かぼちゃとレンコンに塩と油を回して焼き焼きしたもの)希釈したそばつゆとかだし醤油とかとお酢を合わせた液に浸していく。ポチャポチャ。

f:id:higanzakura109:20180713213042j:plain

モロヘイヤ茹でたんも浸してしまふ。ぽちゃん。真ん中は梅干し。

f:id:higanzakura109:20180713213300j:plain

ふつーに盛り合わせ。

モロヘイヤだけを、コップなどの深め容器に入れて梅肉と一緒にキッチンバサミでジョグジョグと切ったものを、蕎麦やご飯にかけるのもいけます。オクラは今年はまだみたいで、アボガド。トロトロ気味だったのでちゃんと馴染むからいいの。

f:id:higanzakura109:20180713212618j:plain 

モロヘイヤと緑トマトスープ

f:id:higanzakura109:20180713212037j:plain

この夏はまっているスープ。

うらなり緑プチトマト、モロヘイヤ、がメイン味。玉ねぎとじゃがいもはほんのとろみづけ。

自分はそれプラスして、レモンのみりん炒め(作り置き)を少しばかり入れてるけれどそれはなくっても。

それぞれざく切りして塩麹回してこの順で下から重ね、鍋がくつくつ言って来たら弱火で蓋して50分。バーミクスで撹拌してタッパに入れて保存。都度適量とって水で好みに伸ばして温める。トッピングはお好みだけど、柑橘皮と柑橘汁がおすすめ。写真はオリーブオイルと、ライム皮、ライム汁。