Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

山東菜の干しエビスープあんかけ

f:id:higanzakura109:20171116203511j:plain

優しいお味の青菜の山東菜、カニあんなどをかけたらよかろう、と思うも蟹缶はなく、なので、干しエビでスープをとって、お味を顆粒鶏ガラスープで補って、作りおいてあった山東菜を茹でたものを入れて温めたら、山東菜は器に移し、残ったスープには水溶き片栗粉でとろみをつけて、卵の白身を回し入れ、山東菜の上からかける。そういえば銀杏も入れた。

 

おまけ

f:id:higanzakura109:20171123121721j:plain

本日もSF貌

牛さんのアジア風サラダ 多分

f:id:higanzakura109:20171116145952j:plain

薄切り牛さんは、茹であげて水気を拭いて、あったかいうちに、スリラチャーチリソース(市販品。ニンニクとチリ系の赤いソース)とライム汁(レモンでも)、シロップ(砂糖でも)、醤油、ナンプラーを混ぜたソースで下味をつけておく。しっかり目に味付け。このまま冷蔵庫保存で作り置きすると色々使い回せて便利。おにぎりの具なんかにもしてしまふ。

味付け牛さんを野菜の千切り(今回はコールラビとピーマンと赤玉ねぎ)と合わせるだけ。お肉にしっかり下味が付いていれば、野菜には味付けなくても。今回はなかったから入れてないけど、マンゴー(某コンビニの冷凍品好きだ)とかキウイなんかを混ぜてもいい。果物の汁けでお味がまわる。上には香菜とミントとオニオンフライ。

フォーヴァージョンもよろしいです。フォーの時は、フルーツは入れないけど。フォーの汁は、水に鶏ガラスープとナンプラー。沸かしたところにフォーを入れて火を止めて蓋して蒸らし茹で。

f:id:higanzakura109:20171116150054j:plain

 

おまけ

f:id:higanzakura109:20171122125125j:plain

FujiのSF貌

金時草 ゼリー寄せ

f:id:higanzakura109:20171116072339j:plain

鶏さんの手羽先などでスープをとって、身はほぐして戻し入れ、塩で味調整し、茎から外して刻んだ金時草を入れ、容器に入れて冷蔵庫放置すると固まる。

すくって器に入れ、ミルク(牛さんでも豆さんでも)とマスタード、ほんの少しのマヨネーズを混ぜたものをソースにしてかけてみた。金時草の紫色のゼリーが楽しい。

 

ルッコラのオイル煮

f:id:higanzakura109:20171114103445j:plain

自家栽培の露地もの、風味もテクスチャーもしっかりしたもさもさルッコラがやってくる季節になり。葉っぱの柔らかい部分はサラダに混ぜると苦味のアクセントが美味しいけれど、加熱しても風味がしっかりしていて美味しい。

洗ってざくギリして、水分のついたまま鍋に入れ、塩して、オリーブオイルかけ、ニンニク入れて、冷蔵庫に干からびた半端なサラミとかチョリソーみたいなのがあったなら細かくして入れてもいい(なくても平気)。火にかけて蒸し煮。ルッコラでなくても、セロリの葉っぱなどでも。

f:id:higanzakura109:20171114103824j:plain

作り置いて、パスタの具にしてもいいし、もう少し細かめに刻んで(コップなどに入れて、キッチンバサミを使ってしまうと楽)混ぜご飯にしてしまっても。もうお弁当も大丈夫な陽気なので、出先におにぎりにして持っていけたりするのがちょっとうれしい。

里芋とお揚げさん炊いたん

f:id:higanzakura109:20171113115043j:plain

みりんと酒を煮切っておいて、だし(はめんどかったので、水とだしパックの中の粉末少し)を入れて、里芋さんを煮る。みりんの甘みで足りなかったら、好みの甘み(砂糖でもシロップでも)を少し加え、しばらくしたら、厚揚げさんも入れて煮て、塩、醤油して、もう少し煮たら、火を止めて放置。いただく時に七味。

煮物は苦手意識があるが、いただきものの里芋が美味しいのと、ストウブ鍋が偉いので。里芋の煮物は、いつも思っているよりも美味しいことにびっくりする。絶対自分によるところではないです。

ゆで花ニラと醤油焼き舞茸合わせたん カボス風味

f:id:higanzakura109:20171113113250j:plain

タイトルのまま。ゆでた花ニラ(作り置き)。なぜか2パックももらってしまった舞茸を焼き付けて、おかか粉と醤油で濃いめに味付けたもの(作り置き)。合わせて、いただく時にカボス汁。一緒に生から炒め合わせたりするより、優しい丁寧味になるのね。ふーん。

ししゃもさんはバタ焼き

f:id:higanzakura109:20171110195959j:plainL

そのままグリルであっさり焼くのもいいのだが、ししゃもさんはなぜかバタ焼きしたくなる。ししゃもさんにはどっかにサーモン系のベクトルが入ってる。ついでにパンにのせちゃったりもしたくなる。

f:id:higanzakura109:20171110200053j:plain

カンパーニュ系の薄切りパンで、酢漬け玉ねぎにシブーストなんかかけてフォークとナイフでいただけば、オープンサンドノルベジアンなんてうそぶけたりもできるはず。。。本日はめんどがりモード。いつもか。

 

おまけ

f:id:higanzakura109:20171116150908j:plain