Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

卵かけごはんあん肝のせ丼

f:id:higanzakura109:20170810211004j:plain

ええ、バテ防止ならウナギさんが王道だけど。うなぎさんも好きだけど。ついでにあん肝は冬のもんのはずだけど。お気に入りのさかなやさんではずっと出てて、そこの蒸しあん肝は臭みが少なくて(鮮度いいやつに焼酎かなんかかけて蒸してるんじゃないかと思ってるんだけど。その後はもしかしたら冷凍保存してるものを小分けして出してるのかもしれないけど。)好物なものでついふらふらと。

濃ゆーい旨味にはあっさりを合わせて完成じゃなく、別の旨味をダブルで合わしちゃった方が美味しかったりする時もある。脳天直撃型旨味のトリュフオイルは、黄味トロトロゆで卵とか白カビチーズとかしたやつにかけちゃえ、のノリです。

醤油卵かけごはんに好みの薬味(これはミョウガ。大葉なんかもいいですね)、あん肝のせて千切り酢漬け生姜のトッピング。千切り酢漬け生姜はポイントだけどなかったらやっぱりポン酢2、3滴、かな。

 

花にらの花にら油炒め

f:id:higanzakura109:20170809193200j:plain

オヤジ的であれ語呂が嬉しくなる料理名が降ってくると、作ってる時も頭の中でご機嫌リフレイン。めんどがりでもめんどうなこともふわふわできて、もやしのひげ根とりだってできちゃう。きくらげも千切り。

にら油はこちらきんきさんのアラのポシェ(湯煮) ハナニラ油で - Fuji to Higanzakura 

お野菜の甘みを引き出すには、呼び水的に最初から少しのお塩入れたり、テクスチャーしっかりめのものならそこに水とか酒入れて蒸したりするけれど、ちくわみたいな練り製品に入ってる砂糖味とリンクさせちゃうのもちょっと懐かし味になって実は好き。最後に千切り酢漬け生姜のお酢(普通のお酢でも)少しを鍋肌からじゅわわっとさせちゃえば、甘ったるくはなりすぎない。

はなにら油効果と語呂リフレインご機嫌効果もあってか、やけに丁寧懐かし味。

 

 

モロヘイヤ冷製出汁浸し

f:id:higanzakura109:20170809133247j:plain

モロヘイヤのお気に入りのいただき方。モロヘイヤは葉を茎からとって茹でる。出汁にはみりん、醤油などで味をつけて粗熱をとったものにゆでたモロヘイヤを浸して冷蔵庫放置。時間がたつと浸し汁にもトロンとしたとろみがつく。モロヘイヤはちょっとお味の重たい野菜だと思うけれど、冷えてとろみのついた汁でつるんといただける。

茹でて水でしめた麺にかけるのも、とろみが麺に絡まっておすすめ。

f:id:higanzakura109:20170809151110j:plain

ゆでオクラ入りミョウガのせ。蝉の声ジージー。

ラムさん焼いて生野菜とパッションフルーツでいただくん ミントもたっぷり

f:id:higanzakura109:20170806222924j:plain

パッションフルーツは鶏さんと結構いけるねとなったらば、例えば豚シャブの冷製生野菜添えなんかにもいけるよね、という風になるわけで。

おうちに豚さんはなかったけど買い置きしてあった焼肉用ラム肉があり。ラムさんはミントと相性よし、ミントはパッションフルーツとも相性よし。いけるんじゃなかろか。

パッションフルーツは今回あまりいじらずに中身を掻き出したらパッションフルーツの臭み消しに緑タバスコ(ハラペーニョ)を1dashしただけ。

少しだけナンプラーまぶして塩したラムさん焼いて(塩はきつめがいいですね)、生もやしと赤玉ねぎのスライス載せ、緑タバスコ入りパッションフルーツかけてミントの葉っぱはたっぷりと。ピンクペッパーも指ですり潰してのせてるけれどなくっても。ラムさんで野菜をクルンとお箸で丸め包んでいただきます。

ラムさんはお腹にもたれにくい気がして好きだけれど、さらに野菜とパッションフルーツでラムさん脂もいただきやすい。

金時草の鶏出汁ポン酢浸し / 蛍光緑焼きそばはちょっと微妙

f:id:higanzakura109:20170804231959j:plain

こちらの品は以前も載せたことがあるのだけれど。加賀野菜の金時草も蛍光緑になりそうな - Fuji to Higanzakura 

加賀野菜の金時草、鉄分やらアクやら多いですというお味なのにミルク臭のような土臭さがなく菊名のような芳香があって好物。食べ方のパターンを新たに考えようという気にならないほど、金時草をもらうとひたすらこれをリピートしてしまう。(他は水餃子かな。金時草はこの2種類の料理しかしない。)

金時草は茹でておく。鶏のささみまたは胸肉もゆでてむしっておく。鶏さんを茹でた茹で汁でポン酢を割って、そこに茹でた金時草、鶏さん、食感変わるように寒天を水で洗って絞ったものなどを浸して冷蔵庫放置。

癖のある野菜なのに、今のところ万人受けしているという、私の料理としては大変珍らしい品なり。

 

おまけ

f:id:higanzakura109:20170809130610j:plain

友人とこの小学生男子がくるというので共に遊んでもらうべく、果たして金時草アントシアニン色素と中華麺に使うかんすいのアルカリが反応して蛍光青緑色の焼きそばができるかどうかを予行練習してみた。薄い灰緑色はつくんだけどまともな食べ物範疇の色で残念。紫キャベツほどの色素量はないんかな。色が変わる!「魔法の焼きそば」を作ろう! [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが250万品

小麦粉ルーなしだけどとろとろカレー

f:id:higanzakura109:20170803222556j:plain

 

世界に誇れる日本の市販カレールー。お味は好きなのにいただくとお腹が重くなるようになってきてしまったお年頃。市販小麦粉ルーを使わないお腹に優しいシャビーなカレーも好きだけれど好きだけれど、市販ルーみたいなトロッと感が欲しい時もある。

というわけで、毎度の色々野菜ポタージュを使ってしまうことを思いつき。夏モードになってからは、もっぱらプチトマトと人参のポタージュをリピートしているがトマトとニンジンポタージュ クミン風味(いろいろ野菜ポタージュ夏ヴァージョン多分) - Fuji to Higanzakura

f:id:higanzakura109:20170806213940j:plain

こんなのを入れてみる。

好みの野菜を炒め、好みのカレー粉やスパイス炒め、スジ肉を柔らかく煮て保存しておいたもの牛すじ煮 単純トマトソースで - Fuji to Higanzakuraを入れ、もったり状態のトマトにんじんポタージュを入れ、好みのトロトロになるよう水で調整。お醤油なりお味噌なりで塩気調整して、チョココーティングコーヒー豆細かく刻んだもの(ブラックチョコとインスタントコーヒーほんの少しでも)とか入れてコク調整。半日とか1日とか寝かして煮返した方が美味しい。(夏場は冷蔵庫に入れた方がいいね。)

お腹にもたれないトロトロカレーができてご満足。

右上にちょっと写ってるのは、ゴーヤのパイナップル和えゴーヤのパイナップル和え - Fuji to Higanzakura。スパイシーなカレーと相性よし。そういえばパイナップルの汁、カレーに入れた。(なかったら入れてないけど)

 

 

 

きゅうりさんを花にら油と千切り酢漬け生姜で和えたん

f:id:higanzakura109:20170801225721j:plain

昨日の花にら油で気を良くしてきゅうりと和えた。普通にねぎ油でもいいのだけれど、今の時期、おねぎは自家栽培ものは回ってこないしね。きゅうり、花にら油、醤油、千切り酢漬け生姜の生姜とそのお酢。七味。

 

おまけ 2017.6.26記事より

f:id:higanzakura109:20170624133921j:plain

千切り酢漬けショウガ。スライサーでスライスしたしょうがを千切りにしてビンにつめて、お酢と少しの梅酢を注いでおいて冷蔵庫常備。ショウガは横に幾本か走ってるボーダー柄と垂直に切るのよ、そうすれば繊維と平行になるからね、とテレビで教しえてくれたのは小林カツ代さん。