Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

野菜ポタージュとか、派生カレー、とか。

f:id:higanzakura109:20180524203118j:plain

毎度の野菜ポタージュ。昨冬は冬ネギポタージュがお気に入りだった。かぶ大臣になってた時のかぶもポタージュにしてもよかったか。でもカブさんは美味しく使い切っちゃった。

主要な味になるお野菜(今回は、トマトと人参)と とろみづけ野菜(今回は、玉ねぎと普通はじゃがさんなのだが菊芋)。トマト、玉ねぎ、人参、菊芋は、適宜切って、塩麹回して、この順に下から重ねて火にかけ、くつくつしてきたら弱火にして50分。バーミックスで撹拌。菊芋だとじゃがさんほどにはトロッとはしないけど。

f:id:higanzakura109:20180524203340j:plain

容器に入れて冷蔵庫保存。都度、鍋に適量とって好みの濃度に水で伸ばして温める。トッピングはなんでも。本日は結晶塩、燻製パプリカ粉とオリーブオイル。

f:id:higanzakura109:20180525090334j:plain

作り置きのこんなポタージュのもとがあるのなら、カレーはそれを使っちゃう。水でもいいし今回は残りもの豚さんポトフの汁入れて緩さ調整して温め、好みの市販ルーで。味調整もお好みで。(自分は小麦粉不使用の市販ルーが重くなくて好きだがあっさり目なのでチョコを少しだけ入れたり、苦味も欲しいので緑トマトとキウイの作り置きチャツネ入れたり、なかったら時にはインスタントコーヒー入れたり。グリーンカレーのつもりはなく黄色茶色のカレー路線でもグリーンカレーペーストも少しだけ入れるのがお気に入り。ココナッツミルクはその時の気分次第。今回は入れてない。)具はほぼ後入れ式。今回は鶏さんとアスパラ炒めたもの。多少は煮たけどね。

玉ねぎを飴色になるまで炒めて、みたいなじっくりカレーへのも憧れもあるけれど、それはご馳走してください派。

ボイルイカゲソおろし和え とか 焼き大根とか

f:id:higanzakura109:20180523140803j:plain

知人パートナーさんが料理上手男子でお刺身イカさんのゲソとえんぺらをさっと湯がいておろしポン酢和えにしてくれたのが美味しかったので真似る。家人が買ってきたスーパーのボイルイカさんでですが。あのとき作ってくれたあれよかったよなと思いながらだとだいぶ手抜きになってもプラスアルファ。

f:id:higanzakura109:20180523141300j:plain

フォアグラのせステーキはステーキロシニョール(パリに滞在してたロッシーニが好きだったということになってるらしい)。焼き大根にフォアグラのせたら大根ステーキロシニョールか。薄味だし汁で炊いておいた作り置き大根鋳鉄パンでジワジワ焼いてフォアグラないけどブルーチーズのせて最後グリル焼きしようかなと思ったらブルーチーズなかったので(あれ?)焼いただけ。焼いただけでも、炊いたお大根は優しい味のお惣菜から、少しテンション高めのお惣菜。

 

スープは気軽に作るが良いね

f:id:higanzakura109:20180522174817j:plain

鶏ガラスープのもとと塩と水、ガラガラっと沸かして(沸かした方がインスタント臭が飛ぶ気がする)、筋とったエンドウ斜め細切りしたものとプチトマト半切りしたもの入れて程々に柔らかくなったらお豆味が出たスープがいいときはそのままでもいいし、卵を溶き入れても。

コールラビコールスローとか冷奴とか

f:id:higanzakura109:20180522110842j:plain

コールラビはジュリアン切り(拍子木切りと千切りの間くらい) 山東菜湯がいた作り置きはあったので適宜切って合わせてマヨネーズ、レモン汁、醤油、おかか。

f:id:higanzakura109:20180522110947j:plain

豆腐は自分は絹を買ってきてしまうのだけれど、家人は自分が買うときは木綿になるそうで。買ってきてもらうと木綿もおいしいですね。冷奴。タレはニラ醤油。ニラを刻んだものに醤油をかけてビンで冷蔵庫保存しておいたもの。梅干しも入れておくとよく保つ。ほかの香味野菜でも。

野菜はカブだけプティサレ(塩豚ポトフ)

f:id:higanzakura109:20180521112328j:plain

豚さんバラ肉塊は塩と塩麹を揉み込んでジップロックに入れて2日以上冷蔵庫放置。みりんで沸かし炒めしたレモンみじん切り(常備品)も少し入れたけれどなくっても。

塩豚塊、塊ベーコンとゴロゴロかぶさん入れて、水入れて火にかけ、沸いて来たら弱火にしてアク取りし、キッチンペーパーの真ん中に切り込みを入れたものを上にかけて、弱火で1時間ほど煮たら火を止めて放置。いただくときに温めなおす。豚さんを一人分ずつに切り分けて器にもってマスタードなどと。あるならキャベツとか入れるもいいのだけどカブさえあれば。トロトロのカブさんがいいの。旬の頂き物カブ大臣になっちゃった時の真骨頂的な品。沢山作って残った分は、鍋ごと冷蔵庫に入れて、上に張ったロウみたいに固まった脂を全部とっちゃうとなんかいいことしたみたいな気分になれる。気になる方ははじめからやるといいのかもだけどメンドくさがりなのでヤンない。いわゆるラードなのでとっとけばほんとは料理にも使える。じゃがいも焼くと美味しかったりするけど、するけど、、、。

山東菜お浸し とか、山東菜カニ缶と和えたん とか

立派な山東菜が来た。これだけ立派だともうそろそろ終わりかな。癖のない優しい葉物。もうどっさりお浸し。おかかお酢醤油かけ。

f:id:higanzakura109:20180517165130j:plain

焼いたお肉さんなんかと食べると相乗効果で双方たくさん食べられる。年齢的に良し悪しともかくご満足。焼いたお肉さんいただくときに、野菜食べてる場合じゃないもんとなる野菜と、この野菜があるとお肉ももっと食べられるという野菜がございます。

f:id:higanzakura109:20180517170733j:plain

茹でた山東菜、主役的にいただくときはカニ缶ほぐし身和えがお気に入り。もう山東菜も終わりかなと思うのでカニ缶開けても良しとする。カニ缶の水切って、カニの身と和えて、お酢とお醤油(あれば薄口)。お弁当に入れるときは、水気を吸ってくれるようにすりごまとちょっとパンチも効くように梅肉叩いたもの少々。おにぎり別持ちで小さめプラスチック容器を使うときは、気持ち的にマヨネーズを加えたくなる不思議。

薄切りかぶさんに塩してオイルかけたん、とか、コールラビとカブのピクルス、とか

f:id:higanzakura109:20180517095256j:plain

かぶのカルパッチョと言ったりする気持ちがわかる。スライサーでスライスしたかぶさん並べて塩して置いておくと半透明になってくるのが白身魚のようで。オオリーブオイルかけていただく。オレンジの皮の粉が入った塩を使ってみたけど、普通の塩でいいや。柑橘風味は、柑橘皮をかけるか、柑橘皮のオイルを溶かし込んだオリーブオイルかけるかの方が風味がいいみたい。

 

f:id:higanzakura109:20180517104851j:plain

コールラビとカブのピクルス。人参もちょっと入ってますが。コールラビとカブの違いは、ピクルスにしちゃうと歯ごたえしか正直わかんないけど、ただいま我が家は白い根菜祭り状態なので保存食にもしてみたり。コールラビはシャクシャク、カブはややトロン。根菜切って塩して水が出てきたらその水は捨てて、煮沸瓶に入れ煮立てたピクルス液(水、酢、塩、甘味←普通は砂糖だけど冷凍してあった干し柿ちぎって入れた。)を注ぐ。

f:id:higanzakura109:20180517110137j:plain

鷹の爪とかローリエとかはお好みで。

f:id:higanzakura109:20161024205250j:plain

愛称(私近辺だけですが)「毛が3本」のコールラビ。見た目ラビ(カブ)だけど、いただくところは茎で、コール(キャベツ)的爽やかさ。千切りおかかポン酢とか美味しい。私は採れ始めの柔らかい奴はさっと炊くのも好きだけど、煮ると繊維質が気になるという人もいます。