Fuji to Higanzakura

料理簡易記録、ときどき、?

メインはそら豆

f:id:higanzakura109:20190517205845j:plain

そら豆茹でたん。皮むいて塩もんで割と塩多めで茹でる、あわや茹ですぎかギリギリが好きだ。新しいそら豆はほくほくトロトロ。

f:id:higanzakura109:20190517210231j:plain

えんどうと舞茸炒めたんとアボガド切ったん(刻み茎ミョウガのそばつゆづけのせ)。

f:id:higanzakura109:20190517210637j:plain

氷温室にとっといた筍ご飯の具を混ぜ混ぜ。具は筍とお揚げと実山椒。醤油甘く炊いてかつぶしまぶしといちゃう横着版。地味色。

最近、茹でただけ、切っただけ、焼いただけ、みたいなのが多くて。。。

今年はウドとたらの芽を食し損ねた。

ふきとたけのこの炊いたん

f:id:higanzakura109:20190407220531j:plain

f:id:higanzakura109:20190407220609j:plain

ふきさんの下処理は面倒だけれど、いただくと報われる。料理上手マダムさんがふきを炊く時は、かつぶし出汁より煮干出汁がいいよと言っていたのを思い出して煮干出汁。煮干出汁だとふき風味立ちつつ優しい感じ。上のピンクは、かまぼこを冷凍してピーラーで削いだもの。

フレンチトーストの卵液風呂は宵越し

f:id:higanzakura109:20190407104322j:plain

バゲット使用。卵液(卵、ミルク、三温糖、塩ちょっと、あればバニラ)には一晩漬ける。焼くときはバタ。焼きながらも三温糖を振って焦げ目。メープルシロップ

フレンチトーストもパンケーキもとろふわなものがいろんなお店でいただけるようになったけれど、バゲットで一晩待ってスキレットで焼くとちょっと骨太な懐かしいお味。

そばサラダ?

f:id:higanzakura109:20190405233243j:plain
そば(茹でて冷水でしめたもの)、菜花の浅漬け(菜花の穂先、出汁をとる際に引き上げた昆布の千切り、叩き梅肉、梅酢、塩、ジップロックで混ぜたもの)、青臭いオリーブオイル、塩。菜ものの浅漬けでなく山ほどの香菜でやるのもいける。

f:id:higanzakura109:20190405233445j:plain

ゼリー(市販品)

 

 

ライ麦パンはくまさんカラー

f:id:higanzakura109:20190401020343j:plain

オリジナル?の方のリンク先がなくなってしまっていて残念。キレのいい魅力的くまさん貌だった気がして見直してみたかったのだけれど。ライ麦パンクマ倶楽部地下組織化? 勝手に部員になるべく潜ってみた(描いてみた)。絵心ある人への畏敬を新たにする。

 Ça pousse au-delà de moi. (4)

f:id:higanzakura109:20190401013143j:plain
YOUKALI (ユーカリ2019.3.23

1フレーズ歌詞をパッチワークしてしまって曲にごめんなさいだし、常ながら自分の録音はのたうつものだけれど、歌いながら鳥肌がたつことは少ないので残しておきたく。。。

mp3の貼り付け、はてなブログに音楽ファイルを貼る方法 - 音楽教室運営奮闘記  こちら様にお世話になりました。大変わかりやすくありがとうございました。

白身魚の卵レモンクリーム煮

f:id:higanzakura109:20190330120259j:plain

ギリシアの家庭料理で、卵とレモンベースのシチューみたいなのをレシピで見たことがあって。卵とレモンなものだから分離させずにトロミをつけるタイミングとか手間とかがちょっと複雑だったもので、お味は好みだろうなと思ったのだけど、実践射程に入れないまま忘れていたのですが。

なんだか降って来る時があるもので。あ、レンジでカスタードクリームを作る要領でいいのではなかろかと。いや、それはもうどこぞで見かけたそのギリシア料理とは別ものになるかと思うのですが。

好みのブイヨンとかお出汁に卵を割り入れ塩などでお味調整してまぜまぜし、つまり茶碗蒸しとかフランのベースのようなものを作ったら、小麦粉少量も混ぜて、ざるで1度こしたものを、電子レンジにかけ、熱くなってきたら10秒単位くらいで出してはまぜまぜを繰り返し、トロミがついたら、レモン汁を入れる。酸味好きさんはたっぷり。

f:id:higanzakura109:20190330121013j:plain

白身魚の切り身に塩コショウして小麦粉をはたいておいたものと、好みの野菜(今回はエリンギと長芋)をフライパンでソテーして、卵レモンソースを入れて軽く一煮する。

最後にバタを少量落として溶けてもらう。上にかけたハーブはミントとディル。

女子は好きだこれ、という感じの食べたことないおしゃれ味でびっくり。家人もその性別のわりには酸味平気さんなので大丈夫でした。いつも食べたことないものにも気持ちよくお付き合いくださいましてどうもです、と思うのだけど、食べたいものは自分で作るからいいよ、と言われるのもなんだかなので言わない。

白身のお魚の代わりに、白系のお肉も合いそうです。手に入らないけど入るところなら、うさぎ、仔牛でやってみたい感じ。手に入りやすいのは、豚さんフィレ、鶏さんか。お野菜は、レモン風味ってことでカリフラワーなんかも合いそうな気が。